ミニジープ Bigforce(ビッグフォース)もびっくり?な車たち

   

ミニジープ ビックフォース

どこからどうみても、ジープ車に見えるミニジープ。
公道で走行可能な「Big Force」(ビッグフォース)

かっこいいですよね。

一人乗りっていうのがちょっと残念ですが、
原付と同じだから、二人乗りは無理かな。

このビックフォースは

車両重量:150キロ
乗車定員:1名
シート高:550ミリ
最小回転半径:2.4メートル
変速方式:セミオート(前進3段、後進1段)
フロントサスペンション:ストラット式
リアサスペンション:ダブルスイングアーム式
エンジン:空冷単気筒4サイクル49cc
タンク容量:3.8リッター
車両本体販売価格:29万8,000円(税別)

で販売開始されて、今話題になっています。

 

確かにカッコいいですね!

このビックフォースを作った、トライクファクトリーは以前から同様の乗り物
「リトルフォース」を販売していたんですが、
サスペンションがなくて、乗り心地が悪かったため、
サスペンションを入れて、サイズを大きくして欲しいっていう
要望が多々あったため、このモデルを製作することになったそうです。

ミニジープみたいな車は他にもないのかな?
と思って調べたら面白い乗り物たちを見つけました。

今日は、ミニジープもびっくり!?な変わった乗り物
を紹介していきます。
スポンサーリンク

2台のバイクに分割できるクルマ Lane Splitter

ミニジープ

なんかタイヤ大きいーというか、
ベイビーカーを連想させるような見かけです。

この自動車、2台のオートバイに分離します。

バイクになった感じは以下の写真です。

ミニカー ミニジープ

これ、未来都市系の映画に出てきそうですよね!
なんか、かっこいい。しかもヘルメットなし
で運転できますね。雨でも楽勝!

これからのバイクもこういう感じのが増えてくるのでしょうか?

二人でどこかへ行って、お互いにちょっと別々の寄り道したいところが
あったらそちらへ行って、また別の所で集合、
なんてことも出来ますね。

「DTV シュレッダー」
ミニジープ

なんだかスターウォーズとかに出てきそうな乗り物ですね!
しかも飛んでますよね。

このDTVシュレッダーは斜面や岩場、砂浜、海辺、更に雪の上まで
乗ることが出来ます。

車を越えてしまいましたね!

海外ではスポーツ用として人気があるようです。
日本でもサバイバルゲームで使われているとか。

これ、日本でも販売してます!

ただ公道や歩道では使用できないそうです。

まあ、そうでしょうね。こんなんでびゅんびゅんしてたら
ちょっと怖いです。

DTVシュレッダー

宙返りまでできてしまうのですね!
スリリングですね。でも楽しそう。

トヨタ「FCV Plus」

FCV PLUS

宇宙人が入ってそうな、凄く未来型ですね!
正面からだと、空を飛んでいってしまいそうに見えますが、
ちゃんとタイヤは付いてます。

このモデルはまだコンセプトカーで、
販売はしてはいないです。

この車、なんと発電所としても使えるのです!

すごい!どうりで青光りしている筈だ(笑)

2030年に実用化を目指しているそうです。

あと15年ですね。。。。。
15年後に車社会はどうなっているんでしょう。

 

PEA CAR
pea car

訳して、「豆カー」(笑)

かわいい!
しかも緑なところが更に豆感を出しています。

ボルクスワーゲンの最小車なんでしょうかね?

CMに出ている姿がかわいらしい



始めは車の宣伝なのかと思いきや、なんと、
ベジタブルの宣伝だったとは、やられました(笑)

AIR POD
airpod

てんとう虫みたいですね!

小さい車なんですが、なんと3人乗ることができます。
名前から察しはついたことと思いますが、
空気で走ります。

ガスタンク(エアタンク)は175リットルで
時速最高70キロまで走れるそうです。

しかも1タンクで200KMまで走行可能。
タンクに空気を入れるのに必要な時間は
ほんの2分なんです。

いいですね、これ!

なんと、ハンドルはついていないそうです。
ハンドルのかわりについているのがジョイスティック!

今年2月のニュースで、今年中にハワイで発売開始
と出ていましたが、販売に関する記事はまだ見つかってないです。

でもこんなのが日本に出たら
絶対人気がでると思います。

これぞ最高のエコだと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事はこちら!


 - ニュース