MAMIはつぶやきさん

最新ドラマ・映画を中心につぶやくブログ。アメリカ発信のお役立ち情報も追加中!

ポケモンGOブーム終了!急速に飽きられてしまった理由を検証

      2016/08/06

pokepoke

遅れてポケモンGOが配信された日本ではまだまだポケモンブームが起こっているようですが、世界各国で次々にポケモンGOブームが下り坂です。

はやっ!

それにしても、ポケモンGOはいろいろな話題を世界各国に生み出しましたね。

最近では海外でポケモンGO専用の出会い系サイトまで立ち上がり話題になりました。

そんな、アメリカでは社会現象とまで言われたポケモンGOですが、なぜ1か月足らずでブームが終了してしまったのか、その理由を検証してみました。

スポンサードリンク

アメリカの場合

ポケモンGOの公開は7月7日でした。

その後爆発的に人気が出ましたが、7月14日以降はユーザー数が下り坂になりました。

ということは、

1週間でゲームに飽きた人が多い

ということになりますね。

そしてついに7月27日にゲームランキング人気1位から2位に落ちてしまいました。

 

世界各国の人気状況

7月26日付で調査されたiPhoneとアンドロイドのそれぞれの国でのランキングです。

 

iPhoneとアンドロイド共に人気1位の国

オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、カナダ、クロアチア、チェコ、デンマーク、フィンランド、ドイツ、イギリス、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、日本、リトアニア、ルクセンブルク、ネザーランド、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス

スポンサードリンク

フランス

iPhone 1位、アンドロイド 6位

 

香港

iPhone 1位、アンドロイド 44位 (←!!!)

 

オランダ

iPhone 2位、アンドロイド 1位

 

アメリカ

iPhone 2位、アンドロイド 1位

 

香港のアンドロイドが44位って一体何なんでしょうw

全体的に見ると、ポケモンGOはiPhoneユーザーに人気があるようですね。

意外にもアメリカよりも先に公開が始まったオーストラリアやニュージーランドでは1位を保っています。

香港のランキングはなんだか不思議すぎなのでノーコメントですが、フランスやオランダでも飽きられて来ている感じですね。

韓国やアジア圏ではまだまだ配信されていないところがほとんどなので、世界でのブームが終わるまでに配信されて欲しいものですね。

 

アメリカ人が「ポケモンGOに飽きてしまった」理由

  • ゲーム内容が浅すぎる
  • 近所にはいつも同じモンスターしかいない
  • ジムのバトルが面白くない
  • レベル25を超えたら面白くなくなった(同じモンスターばっかりで、課金しないと新しいモンスターがゲットできない
  • トレードとバトルしかない。ポケモンパズルとか、ポケモンコロシアムとか、もっとやる事があってほしい。
  • ポケモンGOが電話のバッテリーを食いすぎる
  • サーバーがダウンしてばっかり
 

まとめ

以上最近の世界でのポケモンGOの様子を調べてみましたが、アメリカではブームは下降していると言われているものの、沢山の国ではまだダントツ一位を保持しています。

ただ、飽きてしまった理由にもあるように、ある程度のレベルを超えてしまったら課金しないと次のレベルにいけないようですね。

おそらく日本でもそこまでのレベルに行った人たちは課金するか、もしくはそこでストップする可能性が高いです。

こればかりは開発会社のナイアンテックや、そのパートナーの任天堂が何らかの対策やアップデートをしない限り、ヘビーユーザーの卒業は増加する一方でしょう。

ゲームを普段やらない人たちや子供にも受けるように、シンプルなゲームの構造になっているのが、ゲームをやり慣れている人たちにとって「つまらない」と思われる傾向にもありますね。

日本はアメリカと違って友達とワイワイやるよりも、地道に一人でプレイする人が多いようですが、やはり日本でのブームもそろそろ山場かな、と予想されますね。

ただ、ポケモンGOは全く新しいタイプのゲームとしては大成功したわけですから、これからもいろいろと楽しめるゲームを作り出して家に閉じこもる子供たちをどんどん減らしていって欲しいですね!

スポンサードリンク

 - ゲーム