MAMIはつぶやきさん

最新ドラマ・映画を中心につぶやくブログ。アメリカ発信のお役立ち情報も追加中!

映画コウノトリ大作戦の声優まとめ!感想や3Dの評価も紹介

   

storks_poster.ol

親子で楽しめる映画「コウノトリ大作戦」はアメリカでも人気です。

日本にも早速上陸するので楽しみですね!

今回はコウノトリ大作戦のあらすじや、声優のまとめ、3Dで観るべきかどうか、などいろいろ気になる事を調べました。

ポンキー
コウノトリって美味しいの?

まみんぼ
。。。。。

スポンサードリンク

予告編



赤ちゃんがすごく可愛らしいし、コウノトリさんたちが妙にたくましいですねw

ポンキー
ほら、焼き鳥にされちゃうって。やっぱり美味しいんだ。。じゅるる

まみんぼ
食べる事しか頭にないなこやつ。。。


あらすじ

ひとりっ子で遊び相手がいない少年ネイトは、まだ見ぬ弟と忍者遊びをすることを夢見ている。ある日、物置で古びた“赤ちゃん申込書”を見つけたネイトは、大喜びで赤ちゃんを申し込むが。届いた先はコウノトリ宅配便社。だが、売上重視になっていたその会社は、昔のある事件をきっかけに“赤ちゃんのお届け”を禁止していた。ところがある手違いから可愛い赤ちゃんが誕生してしまい、会社NO.1配達員のコウノトリでお人好しのジュニアは、赤ちゃんを見た途端、その可愛らしさにメロメロ。ジュニアは会社に内緒で、赤ちゃんを届けようと決心するのだった。“告げ口屋”のハト、“赤ちゃん好き”のオオカミの群れ……。次々に襲い掛かるトラブルに巻き込まれながらも、ジュニアは配達に奮闘するのだが……。

 
まみんぼ
コウノトリさんも大変なんだなぁ~
 

監督はあの有名な!!!

ダグ・スウィートランドさんです。
ダグさんはあの有名な
「ファインディング・ニモ」
「トイ・ストーリー」
というものすごい大ヒットしたアニメーションを手掛けた人!
それだけでも期待が高まりますね。
 

声優さんは?

 気になる声の担当は、お笑いでも大人気のアンジャッシュが参加!
junior
画像元:http://hero.wikia.com/
 
 
主人公のエース配達員「ジュニア」
を演じるのは
 
watanabe
渡部建 さん。
 
 
そして、
toady
画像元:http://hero.wikia.com/
 
 
 
 

出世しようとジュニアを追いかける鳩の「トーディ」には
kojima
児嶋 一哉 さん
 
 
 
どんなやり取りが行われるか楽しみですね!
スポンサードリンク

 見た人の感想

アメリカのサイトで私が良く参考にする「ロッテン・トマトズ」では一般評価は100点中64点です。
 
 
う~ん、可も不可もなくって印象ですかね。。。
 
 
早速見た人の感想を集めてみました。
  • トランスフォーマーのようなオオカミたちの組体操に笑わされ、ラストは不覚にも涙。子供をいとおしく想う気持ちが、さらに強くなった。息子もスクリーンにくぎ付けで、暴れずよかった。
  • バランスがあまりよくなかった
  • 笑える筈のシーンが沢山散りばめられていたんだけど、そこまで面白いと思わなかった
  • とても心温まるストーリーだった!
  • 悪くないけど良くもない
  • すごく面白かった
  • 大人でも映画中ずっと笑える映画だった。それに泣けた。
  • ハトがうっとおしかった
  • 寝てしまった
  • 思ったよりも可愛かった
などなど、★3つから4つくらいが多いかんじですね。

好きな人はすごく喜んでいたし、笑いが合わなかった人はひたすらつまらないといった感じ。

笑いがツボにはまれば映画中ずっと笑えるみたいです。

なので、この映画はストーリーというよりは、笑えるか、笑えないかにかかってくるようです。

 

3Dで観るか2Dで観るか?

すでに上映しているアメリカでのレビューを参考にしたところ、3Dはやめておいた方がいいという結論に達しました(苦笑)

 

2Dと3Dの違いはほとんどなく、小さな場面だけ打った球が飛び出してくるというシーンがあるのですが、

目だったシーンはそれだけのようです。

 

なので、その小さなシーンのためにお金をかけて3Dを見に行くよりは、目も疲れない2Dにしておく方が堅実と思われます。

 
そして、お家でも安心して2Dで観れますw
 
 

まとめ

以上、コウノトリ大作戦のあらすじや予告、そして声優の紹介や感想、2Dで観るべきか3Dで観るべきかなどを紹介しました。
 
やはりお子さんがいるといろいろな映画を見せたいと思いますし、監督はアニメでも有名な方だし、見るリストに入れておいても損はないと思います。
ストーリーの感想よりも面白いか面白くないかという笑いの感想が多かったので、話の内容は濃いかといえば、そうではないと思いますが、子供向け映画なのでそこはしょうがないですね。
笑いのツボにはまっちゃえばすごく面白い映画のようなので一度チェックしたいところです。
 

スポンサードリンク

 - 海外ドラマ・映画