トランプはヒラリーを当選されるために立候補?異常な発言の真相

   

あまりにも対照的なトランプとヒラリー。女性問題があれば、嘘つき問題ありでどちらも非難が多い2016大統領選挙。

ヒラリーもトランプもお互いがさも嫌いなように批判の言い合い。

しかし、少数の人の中ではこれは実はヒラリーを当選させるためにわざとトランプを立候補させたのだとささやかれています。

ここでは、トランプ氏が今までに挙げた異常な発言のエピソードはすべて演技だったのでしょうか?

真相を検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

トランプとクリントン夫妻は仲が良かった!

trumphirallytogether
テレビで見る対立とは裏腹に、実はトランプ氏はクリントン夫妻と長年の交流があったのです!

ただ交流があっただけではなく、
  • 2001年にクリントン財団の設立 ---トランプ氏は多額の寄付金を寄贈
  • トランプ氏の3度目の結婚式(現在のメラニア夫人との挙式)にクリントン夫妻が出席
というように、かなり親密な関係であることが分かります。

 

トランプ氏はもともとは民主党党員だった!

現在は共和党の代表者として出馬していますが、以前はトランプ氏は数年の間民主党党員だったのです。

ということは、まだ民主党と陰でつながっている可能性もある?

 

トランプは当初、共和党から指名を受けると思っていなかった

以下はトランプしの元政策アドバイザーの発言です。

トランプ氏は共和党からの指名を受けるとは考えておらず、支持率が二ケタになった時に選挙から降りるつもりだと言っていました。その為に外交政策チームも決められていませんでした。

今の勢いとは全く違いますよね?何が彼をこんなに変えたのでしょうか?

 

トランプはビル・クリントンに頼まれて/勧められて立候補した?

なんと、ジョージ・ブッシュ元大統領の弟であるジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が

こんな発言をツイッターでしていました。

 

「ドナルドは彼の親友であるヒラリー・クリントンと交渉してたかもね」

電話で交渉していた?

5月にトランプ氏とビル・クリントン氏が電話で会話をしてから

なんと

一か月もたたないうちにトランプ氏は選挙戦に立候補することを証明しています。

 

このことはワシントン誌にも書かれていました。

「ドナルド・トランプはビル・クリントンと選挙戦が始まる何週間か前に政治の話をしました」

 

Donald Trump talked politics with Bill Clinton weeks before launching 2016 bid - The Washington Post

記事はこちら

記事の内容では

クリントン氏は電話の内容ついては

「プライベートな話」

として、いっさい明かしませんでした。

 

また、クリントン氏の従業員の話では、トランプ氏は何度かクリントン氏に連絡を取っていたそうです。

 

トランプ側のアドバイザーも電話の内容については明らかにしていません。

 

う~ん、怪しいですね。。。。

スポンサーリンク

トランプ氏は演技がうまい

トランプ氏はビジネス版リアリティ番組『アプレンティス』で、視聴者の気持ちを代弁するような発言をし、人気を集めました。

そういう経験やビジネスマンとしての演説も多いので、人が何を聞きたいのか、どんな反応をするのかを知り尽くしている人だとも言えます。

過激な発言の数々も本人の性格のように見せていますが、実際は「ショー」のための演技なのかもしれません。

 

まとめ

以上、実はトランプ氏はヒラリーを当選させるために大統領へ立候補した工作人であるのではないか?という裏付けの事項を紹介しました。

これらの記事を見ていると、やはりその可能性も高いのでは?なんて思えてきてしまいますね。

それに、ジェブ・ブッシュさんは同じ共和党で、あの発言。

なんとなくトランプを同じ共和党として見てないような言い方ですね(汗

まぁトランプ氏は結構孤独なタイプだったりするそうなので、実際そういう傾向にあるのかもしれませんが。

 

気になるのはBBCやワシントンポスト紙までがトランプは工作人でないのかという記事を書くところ。

これがFOXとかだったらまた話は違うのですがw

 

あと一番不思議に思うのはトランプ氏の子供がすべてまともに育っていること。

親がクレイジーだからまともに育ったのか、それともトランプ氏は実はとても人を見る目や観察力があり、子供を良い人材に育て上げる事が出来る能力があるのか、そこらへんは謎ですが。

メディアに出ている低レベルそうなおっちゃんは本当に演技なのであることを信じたいところです(笑)

 

まぁ、どちらにせよ、アメリカの未来は暗そうですね(泣)

なんとかなればいいんですが。。。

スポンサーリンク

おすすめ記事はこちら!


 - ニュース