MAMIはつぶやきさん

最新海外ドラマ・映画を中心につぶやくブログ。アメリカ発信のお役立ち情報も追加中!

新庄剛志の今現在の活動や収入は?結婚や子供の情報も検証!

   

プロ野球・阪神タイガースで活躍し、その後アメリカ大リーグに行き、

日本人として初めてワールドシリーズに出場。

その後日本に戻り日本ハムファイターズで引退されました。

派手なプレースタイルと独自のファンサービスで人気を集めた新庄剛志さん。

そんな新庄剛志さんの今現在の収入や活動、そして結婚や子供の情報などを調べてみました!

スポンサーリンク

新庄剛志のプロフィール

出典:http://net-kousien.com/



生年月日:1972年1月28日
出身:長崎県
身長:181cm
血液型:A型

野球時代

1989年のドラフト会議で、阪神タイガースから5位で指名され入団します。
1991年秋頃から1軍の試合に出場するようになり、1992年からは1軍に定着するようになりました。

当時活躍していた亀山努さんとともに「亀新フィーバー」と名前の頭文字からそう呼ばれ大変人気でした。

この頃の阪神タイガースは暗黒時代と言っても過言ではないほど弱く、

毎年Bクラス(セ・リーグ6球団で4~6位のこと)に沈んでいました。

 

そんな新庄剛志さんは記憶に残るプレーや、発言が多くあり

・脚が太くなり、ジーンズが似合わなくなるから下半身のトレーニングはしない。
・自分には野球センスが無いから、引退すると言ったがその後引退を撤回。
・敬遠球をサヨナラヒットにする。

などのエピソードがあり、トレーニングをしなくても活躍できるなんてすごいですよね!

2006年の開幕直後に今シーズン限りでの引退を表明し、

そのシーズンの新庄剛志さんに注目が集まり、9月27日に札幌ドームで引退試合と引退セレモニーが行われ、

その後自身初めて出場した日本シリーズで、チームは日本一になりました。

引退後はタレントやエアブラシを使った絵画を制作するなど幅広い分野で活動されています。

 

新庄剛志さんの今現在の活動と収入は?

引退した後、様々な活動をされている新庄剛志さんですが、

2008年に記者会見を開き、映画や歌、そして画家として個展を開催・競走馬の馬主になったことも発表され、

さらに2010年頃にバリ島に移住。

 

バリ島では画家として修行をし、モトクロス競技の練習をするなど

なかなかこれ1本!でというものに絞ってはいません。
そんな中、2007年の24時間テレビにチャリティパーソナリティとして出演された際に、

本人が現役に戻ってもいいかなという発言をしていて、

もう1度ユニフォームを着たいと話されていました。

 

ただ当時所属事務所は具体的な話ではないと否定されていたので、

そこまで現実的な話ではないかもしれないですね。

 

なので今現在、新庄剛志さんの職業は?

と聞かれるとなんと答えるのがいいのかわからない状況のように思います。

今現在、収入はほぼ無く、週刊文春の記事によると

絵画の個展を開催し、そこで絵を販売しているらしく

馬を描いた絵は400万円の値がついたそうです。

 

ですが最近では目立った活動がなく

公の場にも姿を見せておりません

なので、現在どのような方法で収入を得ているのか

調べたのですがどこにも掲載されていませんでした。

スポンサーリンク

新庄剛志さんの結婚と子供の情報は?

新庄剛志さんは2000年にモデルの大河内志保さんと結婚されましたが、

2007年に離婚されました。2人の間にお子さんはいないそうです。

 

新庄剛志さんの方から離婚を申し出たらしく、新庄剛志さんは亭主関白だったそうです。

デザインなどを考える際に1人になりたくて自由になりたかったそうです。

自由になりたいという言葉通り、現在は再婚されていないということです。

 

調べていて気になったことが1つあり、

クスリを使用しているのではないか、という噂が以前からあったそうで、

清原和博さんが逮捕されたことによって再度注目されました。

なぜクスリを使っているという噂が出た理由として、

肌が日焼けして浅黒い・奇行が多い・引退が不自然・海外に住居を移したなどが挙げられているのですが、

ただそれだけでクスリをやっているとは断言できないですよね。

何かもう少し確かな情報が欲しいかなというところじゃないかなと思いました。

 

まとめ

新庄剛志さんの今現在の活動や収入、結婚や子供の情報も検証してみました

今現在はモトクロスをしていたり画家がメインの活動だとは思われるのですが

今後は何か1つに絞って活動され、新庄剛志さんといえば○○というようになっていった方が、

世間の認知度は高まると思うのですが、難しいところなのかもしれないですね。

野球ファンの目線だと、なにか野球に関係する活動をしてほしいという気持ちもあるのですが、

今ところそういった情報が無いので今後に期待したいですね!

スポンサーリンク

おすすめ記事はこちら!


 - 芸能