みをつくし料理帖のキャスト相関図とあらすじ!原作から結末を予想

   

NHKの朝の連続ドラマで何年か前に「みおつくし」が大ヒットしました。

始めにこの名前を聞いたときはそのリメイク版なのかと思いましたが、違っていました(苦笑)

今回は黒木華さんが時打撃に挑戦として話題を集めています、この「みをつくし料理帖」

いったいどんな内容なのか、キャストの相関図やあらすじ、そして原作から結末を予想してみました。

みをつくし料理帖が気になる方は是非チェックしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

みをつくし料理帖 放送開始日と時間

放送開始日は

NHKにて

5月13日(土) 夜6:05〜 6:43

以降、毎週土曜日の同じ時間に放送されます

全8回の放送予定です。

見逃さないようにメモしておきましょう!

 

「みをつくし料理帖」のあらすじ

1802年、大阪生まれの料理人である澪は、水害で両親を亡くし、幼馴染の野江とも生き別れてしまいます。

天涯孤独となってしまった澪は、偶然に出会った料理やの天満一兆庵の女将である芳(よし)に助けられます。

これがきっかけとなり、澪は料理人としての修行を始めます。

この頃まだ板場は女人禁制でしたが、澪は才能があり見込まれたのです。

しかし、順調であったと思われた澪に災難が到来します。

働いていた天満一兆庵が火事に会い、料理やは焼失してしまいました。

澪は女将の芳と、芳の主人と共に江戸へ出ていきます。

しかし、江戸では味の好みや水が違っていました。

更にライバル店からは激しい妨害に会います。

そして澪は武士との恋に悩みながらも一人前の料理人を目指していきます。

果たして澪は雲外蒼天という誰も見たことがない青い空を見ることが出来るのでしょうか?

 

登場人物(キャスト)の紹介と相関図

「みをつくし料理帖」は以前テレビ朝日系列で2012年9月から同じタイトルのドラマが放送されました。

まだ今回のNHK版では主人公以外の詳しいキャストの発表はされていませんが、

過去のデータとオフィシャルサイトのあらすじに紹介されている登場人物を参照して以下紹介します。

 

主人公 澪 :黒木 華

出典:http://tatakoeito.xsrv.jp



主人公の澪を演じるのは黒木華さん。

黒木さんは2016年では大河ドラマ「真田丸」にも出演されました。

澪は8歳のときに占い師さんから

「高名な易者水原東西に、「苦労の多い人生だが、その苦労に耐えて精進すれば、必ず青空が拝める“雲外蒼天(うんがいそうてん)”の運命にある」

と予言されます。

両親を亡くし、幼馴染とも生き別れになってしまい、天涯孤独になってしまいます。

この澪がいろんな苦行を乗り越えていく様子はとても必見ですね!

 

大坂一の名店「天満一兆庵」の元女将。48歳。澪は芳のことを「ごりょんさん」と呼ぶ。

天涯孤独となった澪を助け料理人としての才能を見出す澪にとって最も重要な人物。

 

清右衛門

澪の料理の辛口ご意見番。戯作者。47歳。元飯田町一帯の大家でもあり、薬屋も経営している。

 

永田源斉

町医者。年齢は25歳くらい。澪に淡い思いを寄せる。

たびたびつる家を訪れる。医者の立場から澪にいろいろなヒントを与え応援する。

 

おりょう

澪と芳が暮らす長屋の向かい部屋に住む大柄な女性。48歳。

気風がよくて世話好き。

 

吉原一の花魁(おいらん)あさひ太夫

吉原一と謳われる美貌と美しい唄声を持つと言われるが、

表にはいっさい姿を現さないため、実在を疑う者も多く「幻の花魁」と呼ばれている。

スポンサーリンク

小松原

澪が江戸で働くことになる「つる家」の常連客の侍。30歳。

澪のことを「下がり眉」と呼ぶ。

澪が恋に落ちる相手。

ただの浪人に見えるが、その正体は?

 

種市

澪が江戸で働く先の蕎麦屋「つる家」の主人。64歳。

澪の料理の味に感激した際に発する「こいつぁいけねえ、いけねぇよぅ」が口癖

 

 

恋愛相関図

澪が好きなのが、武士の小松原

澪を好きなのが、医者の永田源斉

 

澪の恋は叶うのでしょうか?

この関係にも注目ですね!

 

原作のネタバレ! 最終回はどうなる?

原作である、みをつくし料理帖は、小説でシリーズになっています。

なんと全部で10巻ありますw

1.八朔の雪 みをつくし料理帖

2.花散らしの雨 みをつくし料理帖

3.想い雲 みをつくし料理帖

4.今朝の春 みをつくし料理帖

5.小夜しぐれ みをつくし料理帖

6.心星ひとつ みをつくし料理帖

7.夏天の虹 みをつくし料理帖

8.残月 みをつくし料理帖

9.美雪晴れ みをつくし料理帖

10.天の梯 みをつくし料理帖

今回は全8話での放送になるので、これを全部カバーすることは無いので、

この中からどれかを選択して描かれると思います。

 

ちなみに、2012年に朝日系列で放送されたときは

北川景子さんが澪の役を演じられました。

そして、話の内容は上記の中から

八朔の雪花散らしの雨

を元としてドラマが作られました。

 

つまり1巻と2巻ですね。

 

今回ははっきりとどの話が使われるかということは発表されていませんが、

原作の話の流れを簡単に紹介します。

 

🔵澪は両親を亡くし、幼馴染と生き別れになり天涯孤独になる



🔵芳に助けられ、芳の経営する料理屋で働き始める



🔵火事になり、料理やが全焼、江戸へ芳と芳の夫と共に行くことになる



🔵江戸の蕎麦屋「つる家」で働くことになる



🔵江戸では営業妨害やを受けたり、手を怪我してしまう



🔵それでも這い上がる



🔵武士の小松原に片思いをする



🔵人情ある人々と共に困難を乗り越えていく



🔵生き別れになった幼馴染が吉原一の花魁になっていた事が発覚



🔵花魁になったあさひ太夫の見受けになろうとする



🔵澪は知恵を絞り、大金を稼ぐことに成功、幼馴染を無事、花魁から助け出す



🔵澪とあさひ太夫は大阪に帰る



🔵そして二人それぞれの道を歩きだす

 

ある意味料理人として成功とも言えるのですが、話は幼馴染を救うという展開になるとは

面白いですね!そして、江戸で成功するのかな?と思いきや、なんと大阪に帰ってしまうというオチつきw

なかなか意外な展開で面白いストーリーです。

 

原作での恋愛はどうなる?

やはり澪の恋の行方が気になりますよね!

澪は「浪人」の小松原に恋をしますが、

実は小松原の正体は「お奉行」でした(遠山の金さんみたいですねw)

 

その恋はかなったのでしょうか?







原作では叶いませんでした。

 

 

では誰が澪とハッピーエンドに?











答えは、医者の源斉です!

 

澪の事に恋心抱いていた医者の源斉が

なんと自分の身分を捨ててまで澪と一緒になるために一大決心をします。

そして大阪へ。

そして晴れて二人は結ばれました!
感動的!!!

ドラマでは最後まで原作が採用されるかまだ分かりませんが、

是非ハッピーエンドな所を見たいですね!

 

まとめ

以上、みをつくし料理帖の登場人物やキャスト、そして相関図や原作の結末からおそらく最終回になるであろうネタバレを紹介しました。

始めあらすじだけを見たら、青春ストーリーみたいな感じなのかな?

と思ったら予想をかなり越えた内容でビックリしました。

なるほど、大ベストセラーになった理由がわかります。

2017年NHKバージョンでは全部で8話しかないので、どこまでの話が紹介されるか分かりませんが、

原作がとても良いので、いずれにせよ見ごたえのある内容となるのは間違いないですね!

 

スポンサーリンク

おすすめ記事はこちら!


 - 芸能