MAMIはつぶやきさん

最新海外ドラマ・映画を中心につぶやくブログ。アメリカ発信のお役立ち情報も追加中!

ヒカキンも買ったグッチのうちわは売り切れ?日本限定かも調査!

   

前回はヒカキンさんのソファーが気になって

そのソファーの値段やブランド名なども調べましたが、

調べているときに気になったことがありましたw

それはヒカキンさんのソファーにある

「グッチ」と書かれたウチワです。

ヒカキンさんのような人が

グッチと書かれた偽物のウチワを所持して

しかも堂々とソファーの上に置いているとはちょっと考えられないので

も、もしかしてこのウチワは本当にグッチ(GUCCI)ものだったりしてw

なんて冗談に思って調査してみたら

意外な事が判明しました(笑)

 

本当に本物でした!

 

いや〜なんか、言葉がでない(笑)

そこで、実際に買えるのか調べてみました!

そして日本語で「グッチ」と書いてあるだけに、

これは日本以外の人向けの商品なのかな?それとも日本限定販売なのかな?

と思ったのでそちらも調べてみました。

 

スポンサーリンク

ヒカキンも買ったグッチ(GUCCI)のウチワとは?

私は最近ヒカキンさんの動画を見始めたばかりだったので、

実際にヒカキンさんが紹介していたというのは知りませんでしたw



なるほど、この時からグッチのうちわがいつもソファーに置いてあるのですね〜!

ビデオでも紹介されていますが

(まぁ、グーグルで検索すればタイトルに値段を書いている人が沢山いるので一目瞭然ですw)

値段は

2万8000円

です。

 

なんか仰ぐだけで涼しくなりそうな値段のうちわですね(笑)

 



高級感いっぱいの放送箱から出てきたうちわを初めてみた

ヒカキンさんの笑顔がとても面白かったです。

 



ただ、裏はフクロウのイラストがついていて、

表よりはアート感があって、ブランド。。なのかな?

とまぁ〜納得が出来なくもないです。

 

グッチ(GUCCI)のうちわが売り切れ続出?

なにせ3万円ちかくするうちわなので、そんなに売れないんだろうと思っていたら、

ヒカキンさんがビデオで紹介していた時点の

2017年3月16日時点では

なんと売り切れになっているとか。

 

実際に現在は購入することが出来るのか調べてみました。

 

すると、



白と青色の2種類がGUCCIの公式ページで販売されていますが、

両方とも購入可能でした!(4月7日現在)

なので

以前買えなくて諦めていた人は今なら余裕で買えそうですよ!

 

グッチうちわは日本限定販売?世界でも買える?

このうちわを見て、日本語がステキと思う外国人が買ったりするのかな?

それとも日本人目当てにデザインした日本限定の商品なのかな?

と疑問に思ったので、英語圏のサイトを一通りチェックしてみました。

すると



 

上の様に一種類だけのうちわが売っていたのが

⚫アメリカ合衆国

⚫カナダ

 

全くうちわ自体が販売されていなかったのが

⚫イギリス

⚫オーストラリア

 

であることが判明!

スポンサーリンク


日本のグッチのうちわラインナップは



3つです!

 

さすが日本ですね〜!

商品の数とデザインが違います。

マニアック!!

 

ということは

このうちわを見せて

世界のGUCCIファンに

いいだろ〜って自慢ができるわけですよ!

 

なかなか面白い事をしてくれますね!GUCCIさん!

普段ブランドとか気にしない私でも

GUCCIが好きになりそうです。

 

それにしてもヨーロッパの人たちは暑くないからまったくうちわを必要としないのでしょうか?

オーストラリアにくらいうちわが売られていてもいいんじゃないか?

もっとうちわ文化広げようよ!

と思ってしまいました。


まとめ

以上、後から知った「ネット上でも噂になった」GUCCIブランドのうちわを

ヒカキンさんの動画を見たときに気になったので、本物なのか、そして

普通に買うことが出来るのか、これは日本限定発売なのか?

ということを調べてみました。

 

私は普段ブランドとか買わないので、なんだかGUCCIブランドの

おしゃれな公式ページに行くだけでもドキドキしちゃいましたw

そしてその中で

「うちわ」

って検索w

とても不思議な気持ちになりました。

 

それにしても、このうちわが日本限定だというのには

結構驚きました。

外国人ウケしそうだと思うんですけどね。

そして

話題のうちわじゃない、ブランドっぽいうちわは

アメリカとカナダくらいしか英語圏では売っていないこと。

これも驚きです。

 

このぐっちうちわが世界でも話題になって、うちわ文化がどんどん

世界に広がってくれるといいな〜

と密かに希望を寄せる私でした。

スポンサーリンク

おすすめ記事はこちら!


 - ニュース