群馬県沼田市に4251万円はなぜ捨てられた?過去の事例から検証

   

群馬県沼田市に4251万円の現金が捨てられていたそうです。

バブルでもない、不景気と言われるこの世の中で

そんな大金を現金で捨てちゃう人、凄いですよね。

しかも、この場所は300円相当の金の延べ板が見つかったことがあるのです!

群馬県の人ってお金持ちなの??

って思っちゃいました。

それとも東京から微妙に近いので、わざわざ群馬まで行って捨てるとかw

ついついニュースを見てて気になっちゃったので、

どんな人が捨てるのか、捨てる理由は何なのか?

気になったので過去の現金が捨てられた事件のその後を調べてみました。

 

スポンサーリンク

現金4251万円が捨てられた場所はどこ?



現金が捨てられていたのは

群馬県沼田市の廃業物収集運搬会社の敷地内

です。

わざわざ廃棄物処理会社の敷地内に持っていくということは

今すぐにでもいいから処理したい!

という願いが込められていたのでしょうかw

 

ふつうにそんな大金そんなところに落とさないですからねw

 

持ち主は?見つからなかったら誰がもらうの?

持ち主は見つかっていません。

というか見つかったらものすごい反響になるでしょうね〜!

一体どんな人がこんな大金を捨てちゃったのか知りたいですw

 

それにしても

「持ち主は私です」

という電話が沼田警察署に相次いでいるらしいですが、

イチかバチかで皆さん電話してみるのですかね?

ちょっと笑えました。

そういう勇気のある人意外と結構いるんだな、ってw

 

本人という確証は少なくとも

 

⚫現金が何に入っていたのか

⚫お札の種類

 

などの詳細を説明できないといけません。

なので、偽物がそう簡単に「持ち主」と思われて現金をもらうことはかなり

難関のようですので、諦めたほうが良いと思います。

(逆に不振に思われるだけだとおもうので)

 

持ち主が見つからなかったら、このお金は見つけた会社のものとなるそうです!

会社側も困惑しているようですがw

従業員にボーナスとか出るんでしょうかね?

スポンサーリンク

過去に現金が捨てられた事件のその後は?

2億2千万円が川崎の竹やぶに! 1989年4月11日

あーこれ!私もかすかにこの事件おぼえてます!

実はこの事件が過去最高の金額です。

この頃はバブル時期だったので、金額もやはりバブリーなのでしょうかw

 

この事件は

⚫1億3000万円のバッグが見つかる

⚫5日後に9000万円入った手提げ袋が発見される

 

となんと2回に分けて捨てられました。

 

この大量の現金を捨てた犯人は

通信販売会社の社長さんでした。

 

理由は

切手売買の利益で脱税したもの。

 

この内容をみると、本人は捨てたつもりではなかったのかな?

と思います。

脱税した分の利益を隠したってことですよね?

てことは、この分の金額のお金が欲しかったからなわけです。

後からこの現金を取りに来る予定だったのではないでしょうか?

でも見つかっちゃったていうw

 

1億7千万円が横浜のごみ処理場に! 1989年6月

こちらも今回の群馬県の現金捨てられ事件のように、

ごみ処理場に捨てられていました。

 

なんと、金庫が捨てられていたそうです。

そのなかに1億7000万円が。。。

 

捨てた犯人は

創価学会総務の男性

 

理由は

創価学会に無断で貯めた金だった

 

ということです。

なるほど〜やはり「悪の金」だったわけですねw

実はこのお金、最終的に捨てた本人に返却されました。

そのお金はどうなったかというと、

日本赤十字社に1億1000万円を寄付し、

清掃会社に2600万円程の支払いをされています。

ということは

3400万円近くご本人がキープしたことに?

それともそのお金は創価学会へ?

そこら辺は謎ですねw

 

埼玉県のごみ収集所に過去5回、 サイタマの用水路に1回 現金が捨てられていた!

場所は微妙に違いますが、埼玉県のごみ収集所に捨てられていた回数が非常に多いのが目につきました。

 

⚫埼玉県所沢市のゴミ処理場に1000万円 (2006年10月17日)

見つけたのはごみ処理会社の男性従業員、当時42歳だった人。

持ち主が見つかったという報告は見られず、おそらごみ収集会社がもらったのではないかと思われます。

 

⚫埼玉県所沢市永井のゴミ処理場で3100万円(2005年10月20日)

こちらも所沢市ですね〜。

従業員の方が現金を発見しました。

こちらも持ち主が見つかったという情報はありません。

ごみ収集会社がもらったのではないかと思われます。

 

●埼玉県蒲田市の用水路に1800万円 (2005年1月)

お金を捨てた犯人は

年寄りを騙して稼いでいた悪質リフォーム業者でした。

女性1人、男性2人がなんと6000万円もだまし取っていました。

しかし女性が怖くなって

自分の分前であった1800万円を用水路に捨てました。


この事件の経緯がとても不思議なのですが、

この悪質リフォーム業者が6000万円の盗難届を出したのが事の起こりで、

そしてこの女性が窃盗で逮捕され懲役3年となりました。

そして女性が落とした1800万円は落とし拾得物(要するに落とし物)

として、この悪質リフォーム業者に返還されます。

その後、この悪質リフォーム業者は特定商取引法違反で起訴されます。

そして懲役10ヶ月となります(求刑・懲役1年)

不思議なことに、現金を発見した野球チームの関係者3人も10万円を着服していました。

う〜〜〜ん、共犯者の女の人ははめられたとしか思えませんね!

とはいえ皆悪いんですけどw

気になるのが野球チームの発見者もお金をもらっていたことw

何かの口止めってことですかねw


埼玉草加市のゴミ収集所に2800万円 (2004年2月23日)


現金は古紙の中から発見されました。

なんと、草加市は届け出た古紙回収者を

資源ごみを勝手に持ち出した、と窃盗容疑で告訴します!

そして草加市はその所有権を主張しました。


届け出をした古紙回収者は

金が欲しくて届けたわけではない。騒がれて疲れてしまった。

と所有権を放棄する旨を警察署に伝えました。

いや〜〜、ひどいですね!

市が届け出をした人を告訴って、恐ろしいです。

市に渡ったら市長さんのボーナスとかになっちゃうんですかねw

笑えない話ですね。


●埼玉行田市のゴミ処理場で3380万円 (2003年12月12日)


こちはら従業員が仕事中に何冊もお金が流れているのを発見。

12人の届け出の末、結局だれも持ち主とは判定されず。

結果、ゴミ処理場管理者である行田市のものとなりました。


●埼玉越谷市のゴミ処理場で1800万円(1999年5月)


詳しい詳細は探しましたが分かりませんでしたが、

こちらも埼玉県のゴミ処理場にお金が捨ててありました。


 

その他 誰が捨てたか分からない事件

●和歌山のゴミ処理場で800万円 (2012年5月16日)

●盛岡のごみ収集所に600万円超 (2012年5月9日)

●神戸のコンビニ駐車場に400万相当の金の延べ棒(2012年5月9日)


●仙台駅前で空から40万円(2012年5月2日)


●大阪府松原市のゴミ処理場で18万円(2011年7月23日)


●兵庫県加西市のゴミ処理場で1千万円(2011年9月22日)


●名古屋のゴミ処理場で400万円(2011年3月21日)


●茨城で路上に187万円 (2010年2月3日)


●和歌山東紺屋町でお地蔵様に4000万円が供えられる(2009年2月20日)


●石川で800万円が釣り上げられる(2006年12月23日)


 

こんなにもまだまだ捨てた主が分からない事件があったんですね〜

やはりゴミ処理場に捨てるだけあって、今すぐ消えてほしいお金だったのだと思いますが。。

こんなにもいわくありげなお金がこの世の中に沢山あるんだな、という事実に感心させられます。

 

まとめ

以上、今回群馬で4252万円が現金で捨てられた事件から、なぜお金を捨てる人がいるのだろう?

と疑問に思って、過去の事例を見てみました。

驚いたことに、ゴミ収集場にすてられたほとんどの現金が持ち主が分からぬまま、のようです。

見つかった場合は必ず、黒いお金でした。

まぁ、世のため人のためと思ってばらまく人なんているような世の中では無いと思いますが、

例えば、税金を隠すだけなら、後からそのお金を取りに行こうと思って隠しているかもしれないし、

ゴミ収集場に捨てられたというのは、

よほど抹消したいお金、なわけです。

それにしても大金なので、過去からの事例から考えると

なにか事業で悪事を働いて作ってしまったお金という可能性が大きいですね。

それにしても

こういうニュースを見ると不況なのやら、なんだかな〜

とそういう大金に無縁な私はぼんやり思ってしまいます。

 

結局ゴミ収集場の持ち主である市がそのお金を受け取るという場合が

多いようなので、ある意味お役になっているのかな?

と思えなくもないですが。

 

それにしても埼玉県に沢山こういう事件があったのには驚きましたw

やはり東京から近いから、っていうのも有るかもしれないですね。

 

お金が善人さんのところへ回ることを祈るばかりです。

スポンサーリンク

おすすめ記事はこちら!


 - ニュース