【 ゲームオブスローンズ】シーズン1 第6話分かりやすい内容ネタバレ

      2017/05/09



こんにちは!Mamiです。

じんわ〜りと前に進んでいます。

 

最近ちょっとこの小難しい古典的英語にすこ〜しだけ

慣れてきたかな、と思っていますw

いや、でもやっぱり難しい(汗

ここで詳しく書きながら自分で理解しています。

今回も

シーズン1第6話いってみます!

 

スポンサーリンク

【 ゲームオブスローンズ】シーズン1 第6話分かりやすい内容ネタバレ

題名: A Golden Crown

キングズランディングにて

ネッド・スタークはベッドの上で目を覚ます。

そこにはロバート王とサーセイ女王が立っていた。

 

ロバートは

「ティリオン・ラニスターを釈放するように妻に伝えろ」

とネッドに言うが、

サーセイはスターク一家には制裁を与えるべきだと言う。

しかし、ロバートはそれには応じない。

怒ったサーセイは

「私が鎧を着てあなたがガウンを着たほうがいいんじゃないの?」

と皮肉を言う。

それを聞いてロバートがサーセイの顔を平手打ちする。

 

サーセイは部屋を出ていった。

そしてロバートはワインを飲み、

「スターク家とラニスター家がいがみ合っていてはこの王国はやっていけない。特にタイウィン・ラニスターには借りがあるからな」

と言った。

(タイウィン・ラニスターはサーセイとジェイミーの父)

 

この強い2つの家がいがみ合えば戦争になってしまう、と。

 

ロバート王はネッドにまた王の手になってくれ、と頼み、バッジをネッドに返す。

そして、もしまたネッドが辞めるようなことがあれば、次はジェイミー・ラニスターに

そのバッジを渡すからな、と忠告した。

 

ロバート王は狩りにいってくるからそれまでに冷静になっているようにと申し付けた。

 

ーーーーー

アリアはシリオと「ダンス(剣)」の練習をしていた。

しかしアリアはジョリーの死を聞き、訓練どころの気分ではない。

シリオはどんなときも戦えるようにならなければいけない。ムードに惑わされるな。

と言う。

 

シリオは戦う準備をすることは幸せな一時の悲しみよりも重要な事なんだ、

と教える。

 

ーーーーー

ロバートは狩りに出かけていた。

狩りには弟のレンリー、

バリスタン

ランセル・ラニスター

が一緒に行った。

 

ロバートはワインを飲み酔っ払っていた。

そして戦時中に自分が寝たオンナ達のことを話はじめる。

しかし、レンリーはそれにイラつき、質問を始める。

レンリーはロバートを愚か者と呼ぶが、ロバートは王にそんな口を聞くとはなんだと怒る。

レンリーは怒りのあまり立ち去る。

ランセルはロバートにワインを手渡す。

ーーーーー

キングズランディングでは、ちいさな会議が行われていた。

ネッドがロバートの留守の間にアイロンストーンの座に座り

会議を進める。

 

逃亡者のグループがやってきて、村が全滅させられてしまった、と話す。

そのものたちによれば、巨大な騎士がリヴァーランドにやってきたというのだ。

どうやらそれはグレゴ−の仕業のようだ

 

「マウンテン(グレゴ−)」はおそらくラニスター家の命令によってリヴァーランドに処罰を与えに来たのだろう。

リヴァーランドにはタリー家が存在する。

タリー家はキャトリンの妹のいる場所。

そう、ティリオンが今まさに捕まっているところだ。

 

ロバート王はラニスター家と平和を保てと言うが、ネッドはこれはどうにも守ることはできなかった。

ネッドはグレゴ−の居場所をつきとめて「王の名により死刑にする」と告げ逮捕し連れてくるように申し付けた。

 

ネッドはパイセルにロック城へ行きタイウィン・ラニスター(ラニスターの主でサーセイの父)

に裁判所へ赴くように伝えよ。と申し付けた。

ネッドはタイウィンに彼の旗男のした行動を説明させ、王に対する裏切り行為であると認めさせるよう命ずる。

 

これにはリトルフィンガーとパイセルは動揺を隠せない。

二人はラニスター家へ強く当たりすぎるのでは、と言うが、

ネッドは判決はくださなければならない、と言い切った。

ーーー

 

王子ジョフリーがサンサの元へやってくる。

そして今までの無礼をあやまり、サンサにネックレスをプレゼントする。

ジョフリーはサンサのことを「レイディーラブ」と呼んだ。

ジョフリーは許してくれ、といい、サンサは受け入れる。

サンサは女王サーセイが以前サンサに謝るようにと言いつけたことを知らない。

 

ーーーー

ネッドは自分の娘2人をウィンターフェルへと戻すことにした。

アリアはシリオともっと練習したかったのに、とがっかりする。

サンサはアリアの先生などだれも木にしていない、と言い、

ジョフリーを裏切ることになるから行けない、と言い張る。

 

ネッドは誰か他の男をみつけてやる、とサンサに言うが、サンサは聞く耳をもたない。

頭はジョフリーのことでいっぱいだった。

サンサは言う

「私はジョフリーと結婚して沢山の金髪の子供を生むのよ」

 

しかしこの言葉がネッドの頭に疑問を持たせる。

ネッドはジョン・アリンが死ぬ前に眺めていた本を取り出す。

バラセオン家の伝統を綴った本だった。

エダードはバラセオンと結婚したものの過去の子供は全て黒髪だったことを発見する。

サーセイが女王になるまでは。

ロバートとサーセイの子供は全て金髪だったのだ。

 

ウィンターフェルにて(北)

ブラン・スタークはウィンターフェルで3つの目をもつカラスが出て来る夢を見ていた。

そして目を覚ます。

ホダーがティリオンが持ってきた設計図から造った

特注のサドルを持ってくる。

 

ブランは特注のサドルで馬に乗れることをとても喜んでいた。

すこし後のこと、

ブランはロブとセオンとともに馬に乗っていた。

彼らは

⚫ネッドがキングズランディングで傷を負う

⚫ジョリーの死

⚫ティリオンが人質になった

 

という知らせを受けていた。

セオンはラニスター家との戦争の準備をするべきだ、と言うが、

ロブは時が来たら自分で決断する。それまで両親に従ってウィンターフェルで過ごす。

と答える。

 

するとブランの姿が見当たらない。

二人はブランを探しに行く。

ロブは野生人間がブランを脅して馬を盗もうとしている所を見つける。

奴らはロブのサドルを切り離し馬から落とそうとしていた。

ロブはそこにいた二人の男を殺すが、3人目の男がブランの首にナイフを突きつける。

ロブはしょうがなく剣を地面に落とす。がその瞬間セオンがブランを脅していた男を弓で貫く。

残りのオシャ

というオンナが命乞いをしたので

そのオンナを人質にすることにした。

 

 

ロスはセオンが良く会っていた娼婦でウィンターフェルからキングズランディングに向かっていた。

セオンは彼女のところへ寄り、留まって欲しいと言うが彼女は拒否。

ロスによると戦争がもうすぐ始まるからどうせウィンターフェルの男たちは半減する。

だからこんなところにいてもしょうがない、ということだった。

セオンはロスが去っていくのを少し悲しそうに見ていた。

 

丘にて(アイリー)

アイリーにて、 ティリオンが城の天空の塔に閉じ込められろくに眠れずにいた。

ガードであるモードを呼び起こし、 なんとか交渉しようとする。

しかし手元に金をもっていなかったため聞く耳持とうとしない。

ティリオンは自分はラニスター家の者であり、メッセージをリサ・アリン伝えてくれたら

取り上げられた金をやる、と約束する。

ティリオンは告白することがある、とリサに言う。

リサはついにティリオンが真実を告白するつもりになったのか、と喜ぶが

ティリオンが口にするのは昔の笑い話ばかりだった。

怒ったリサは自分の知りたかった真実を問い詰めるが、

ティリオンは自分はそのことについては無実だと言い張る。

リサはそれに怒りティリオンを死刑にしようとする。

しかし、ティリオンは死刑の代わりにコンバット(戦い)にて制裁してほしい

と申し出る。自分が勝てば罪から釈放され、負ければ死ぬ。というものだ。

又、自ら戦わなくとも指名することも出来る。

 

リサはしぶしぶそれを受け入れる。

リサの息子はまだ若いためちゃんとした決断が出来ないため、ティリオンは自ら自分の代わりになる騎士を指名したい

といい、それにはリサも賛成する。

 

リサは自分の代わりに戦ってくれる騎士に名乗り出るようにと命じ、沢山の騎士が立候補する。

リサはバーディスに戦うようにと命じる。

 

ティリオンは自分側の騎士をジェイミーするようにと命じる。

しかし、ジェイミーはキングズランディングにいるので遠すぎる、

とリサはこれを却下する。

そして今この場でいる者の中から選ぶようにと命じる。

 

ティリオンはだれかボランティアはいないか?と尋ねるが、

しばらく誰も申し出ようとしない。

するとセルスワード・ブロンがボランティアをやってもいい、と名乗り出た。

セルスワードはバーディスを蹴飛ばす。

そしてバーディスの攻撃を避けまくり、スキを見せたとたんに突き刺した。

そしてトドメを刺し、「月のドア」からバーディスを落とす。

 

リサはセルスワードの戦い方は卑怯だと言う。セルスワードはそれには同意する。

しかし、バーディスは誠意を持って戦った、と答える。

 

ティリオンはコンバットに勝利し、無実が認められる。

そして取り上げられたゴールドが入った袋を取り戻し、約束通りモードにくれてやる。

リサの息子のロビンは

「この小人も飛ばしてもいいの?」

と聞くが

ティリオンは答える。

「小人はね、家に帰るんだよ。」

そして

セルスワードとティリオンは城を出る。

スポンサーリンク

海の向こうにて

デナーリスがドラゴンの卵について学んでいた。

イリオによると、現在は卵は化石でしかないとのことだが、

デナーリスは高温に当てれば卵はかえるのではないか、と試していた。

しかし何も起こらない。

デナーリスはがっかりする。

 

そこへイリがやってきて、熱い卵を持ったデナーリスを見て驚く。

そしてやけどをしてしまう、とその卵をデナーリスから取り上げると、

デナーリスは全くやけどをしていなかった。

しかし卵を受け取ったイリは逆にやけどをしてしまう。

 

デナーリスはドスラキ族の伝統として、王女として正式に認められるには馬の心臓を食べなければいけない、

とされているため、儀式で一生懸命に馬の心臓を食べようとしていたがなかなか体が受け付けてくれない。

しかし、食べるのをやめようとしないデナーリス。

なんとか全て食べ尽くすことができた。

デナーリスは自らの息子は兄の「ラエガー」にちなんで「ラエゴ」という名になるのだ、

と叫ぶ。

民衆は歓喜をあげ、新しい女王の誕生を喜ぶ。

ビゼーリスはあまりそれを好ましいと思わない様子だ。

ビゼーリスはドロゴ族は妹を愛していることに気づいたのだ。

 

ビゼーリスはテントから飛び出し、卵を盗み始める。がジョラに見つかってしまう。

ビゼーリスは見逃してくれと頼むが、ジョラはそれには動じない。

ビゼーリスはジョラに

「君臨するものは恐れられるか愛されるかでないといけない。自分は一度も愛された事などない。」

「お前がデナーリスを好きなのは知っている。好きにすればいい。オレは卵が必要なんだ。これを売って兵士を得るんだ。」

しかし、ジョラは卵を置いていくようにといい、

ビゼーリスは仕方がなく卵を置いて去る。

 

その後、ビゼーリスは酔っ払い、デナーリスとドラゴの祝福を妨げる。

ビゼーリスは怒ってデナーリスを嫁にやった見返りをまだもらっていない、と要求する。

ビゼーリスは剣を抜き、聖域での死は禁じられているのを逆手に取り、

ダニー(デナーリス)とお腹の子を殺すと脅す。

カルはビゼリースに王冠をやる言う

そして

「あの男は震え上がるから見てな」

と付け加える。

 

ビゼーリスはダニーがカルが同意したと伝えると

満足そうな顔をするが

すぐにドスラキ族のものに腕を折られ、剣を落とす。

床に倒れ込むビゼーリス。

ビゼーリスの腕を男たちが掴み動けないようにする。

ドラゴは金のベルトを釜の中で溶かす。

ビゼーリスは助けてくれ、と妹に助けを乞う。

ジョラはダニーに向こうを向いていろ、というが、ダニーはまっすぐ兄を見つめている。

カル・ドロゴは溶けた金の「冠」をビゼーリスの頭から注ぐ。

ビゼーリスは悲鳴をあげ、床に倒れ込む。

ダニー(デナーリス)は兄の死を目の前で見届け、つぶやく

「ビゼーリスは本物のドラゴンではなかった。ドラゴンは熱では死なないのよ。」

 

>>>続く

新キャラ/没キャラ

新キャラ

⚫オシャ

⚫バーディス

没キャラ

⚫バーディス

⚫ビゼーリス

 

注目のアイテム★

衝撃の展開でしたね!

ここで、ビゼーリスなんですが、ここまでイケメンならフィギュアの1個くらいあっても

いいだろう、と思って探しましたが普通のシリーズにはありませんでした(汗

ただ、特注?で作られた方がいましたw



これ(笑)

いやいや、やばいでしょw

ビゼーリスだけど、これかい、みたいな。。

 

こんなに人気のないビゼーリスさんですが



一応コスプレは存在しているようです。

日本では売っていませんが(汗

でもこれよっぽどの美形じゃないとむりだろw

 

ビゼーリスはめっちゃ金髪というか白髪に近いくらいですが、

じつはビゼーリスを演じたハリー・ロイドさんは黒髪のイケメンです。

かれは役によってもカメレオンのように顔が変わるので

気がつかないひとも多いかもしれませんw

 

そして今回登場したのが、ブロン。

渋くてカッコよくてなかなかいいキャラです。
 

なんと、ブロンにはフィギュアがあるという(笑)

でもブロンには活躍してもらいたいですね!

 

感想

うわ〜〜。なんとこういう最後だったんですか。。

いろいろ伏線ありましたねw

ビゼーリスは確かに弱っちそうではありましたが、

そういう意味ではなくて、熱に弱いというのが一番のポイントでした。

 

今回最後にビゼリスが金をぶっかけられるまでそのことに気づきませんでした(汗

前回のキャンドルたらされて、痛いっていったのはあれは伏線だったんですね〜

んんんんんん〜〜〜〜

おもしろいっ!!!

 

ああでもこれで目の保養が1人消えました(泣)

この話に出て来る金髪美形ってみんなおかしいわw

 

ええっとあとは、ネッドがジョフリーをロバート王の子供ではないと

感づいたのがまたこれからいろいろとありそうですね〜。

というか、本を見なくても気が付かなかったんか?

という気もしないでもないですが。

余りにもロバートに似すぎてないでしょう。ジョフリー。。。

 

この流れだとタイゲリアンのドラゴンはデナーリスですね。

熱いの平気なので。

ていうか、気付こうよ、本人もw

それかその息子がすごい人物に?

いやいやいや、それって時間かかりすぎでしょ。。。。

ということは女ドラゴン誕生?

それはそれで良いですね!

こんな美女なら歓迎です。是非ビーナスとなってください。

 

あとはティリオンがぎりぎりセーフでしたね。

でもティリオンは運が良さそうなので、わりと安泰だと思いますが。

 

あ、そういえば今日は全く黒城出てきませんね。

ジョン・ホワイトさんも、オオカミさんもほぼ全く出てきてないですね。

 

というか何時になったらホワイトウォーカーが出て来るの?

そこらへんちょっと知りたいですw

シーズン1 第7話へ      【ゲーム・オブ・スローンズ】トップへ

スポンサーリンク

おすすめ記事はこちら!


 - 海外ドラマ・映画