MAMIはつぶやきさん

最新海外ドラマ・映画を中心につぶやくブログ。アメリカ発信のお役立ち情報も追加中!

【 ゲームオブスローンズ】シーズン1 第9話分かりやすいあらすじ内容

      2017/05/09



こんにちは!Mamiです。

気がついたらもうシーズン1が終わりに近づいて来ていました。

それにしてもここまで来たらさすがに話の内容が分かりやすくなってきました。

でも今までちゃんとあらすじをじっくりここで書きながら

見ていったので余計におぉお〜〜!!

と新たな事が分かり次第叫んでいる私でした(笑)

 

壁にいるナイトウォッチの人たちも少しずつ顔が分かるようになってきたかな、

と思います。

今回気になるのは

⚫アリアはどうなったの?

⚫マジでロブ戦争するの?っていうか勝てるの?

の2点かな〜。

でもはやくしないとゾンビ襲ってきちゃうぞ!

人間とは愚かなものですね。

いつも戦争戦争。。。

現実でも最近ヤバイですからねぇ。

 

と、前置きはココらへんにして、

それでは内容の方に行って見ましょう!

 

スポンサーリンク

【 ゲームオブスローンズ】シーズン1 第9話分かりやすいあらすじ内容

題名:Baelor

リヴァーランドにて

ロブの軍隊は「双子城」に到着する。

セオン・グレジョイはメッセージを運んでいこうとするカラスを撃ち落とす。

誰にも自分たちの動きが知り渡れないようにしているのだ。

 

この「双子城」に入って敵にわからないように

橋を渡らなければならない。

ロブは自らが1人で交渉しに行く、と申し出るが

キャトリンが自分なら手は出されないだろう、と自らが出向くと言う。

 

キャトリンが中へ入ると、フレイ家のウォールダー・フレイ

戦争に行く用意はしていたが、特に何もせず、誰かが到着するまでただ待っているだけだった。

事実、勝ちそうな軍の援軍をしようと思っていたのだ。

 

現状、タリーの軍はラニスター家によって占領されている。

ウォルダーはなぜわざわざ王に逆らってまでロブの味方をしなければいけないのか?

と聞く。

 

しかもこの家には沢山子供が有り余っているというのに、

スターク家は誰一人としてフレイ家と結婚したことがない、

とキャトリンを責める。

(実はウォルターがお尻を触っている結婚相手は自分の娘なのである)

 

キャトリンはいろいろ事情があるのだ、

というが、ウォルダーはそんなことなど聞く耳ももたない。

 

キャトリンはウォルダーと激しい交渉の末、

フレイがロブに援軍することとなる。

 

これによってロブたちは城を横切ることが出来、さらにフレイの軍が加わることになる。

しかしその返しに

⚫アリアがウォルダーの息子と結婚する (ロブはアリアは喜ばないだろうな、と言う)

⚫ロブがオリバー・フレイを戦いに側近として連れて行くこと

⚫ロブがウォルダ−の娘と結婚すること

を承諾しなければならなかった。

 

ロブは少しショックそうな表情をするが、その条件を飲む。

 

ーーーーー

ラニスター一族は戦いの準備をしていた。

タイウィンはティリオンに山岳部族を武力行使として、特に弾丸の犠牲になるために使うということを話す。

そしてティリオンに奴らを兵士を先導する形で戦わせるようにと命じる。

ティリオンは自分を殺すつもりか?と父に歯向かう。

そして怒って自分のテントへと戻っていく。

するとテントにはブロンがいた。

なんとブロンは美しい娼婦をティリオンのために持ってきてくれたのだ。

その女の名前はシェイ。

 

ティリオンはすぐにシェイの事を気に入る。

そしてブロンに明日の朝戦いに出なければいけないことをブロンに伝える。

ブロンもそれを聞いて自分用に他の女を見つけに行く。

 

 

ティリオン、ブロン、シェイはその後一緒に戦いの前夜祭をしていた。

ティリオンはもしも予想ゲームをしようと言い始める。

当てられた人が飲み、

予想がハズレたらハズレた者が飲む

というルールの元にだ。

 

そしてティリオンはブロントゲームを始める。

そしてこのことから

⚫ブロンは壁の向こうへ行ったことがある

⚫12歳になる前に誰かを殺したことがある(女性が斧で襲って来たため、防御しようとしてそうなった)

ことが明らかになる。

 

ティリオンは自慢げになり、

シェイの過去を当てようとする。

 

ティリオンは

⚫母親は娼婦だった

⚫父は母と子を捨てた

⚫身分の低い生まれ

と予想するが、違う、と言われる。

 

ティリオンは全くシェイの事を予想することが出来ない。

するとシェイがティリオンに質問を始める。

誰か好きな人はいるのか?

と。

ティリオンはそれはゲームの質問ではない、と答えるが

ブロンがティリオンは結婚していたという話を聞いている、ということを持ち出す。

 

ティリオンは立ち去ろうとするが、シェイに引き止められ、

しぶしぶ過去の話を始める。

ティリオンがまだ若かった頃、ジェイミーと共にキャストリーロックの辺りを

馬に乗っていたら、若い女が盗賊に会った所に出会った。

ジェームズは盗賊たちを追い払い、ティリオンはその女、ターシャと

一緒に一晩すごし、ティリオンはその女をなだめていた。

 

二人は次第に宿にて酔っぱらい、二人は恋に落ちたのだ。

ティリオンは女性経験などまったくなく、怖気づいていたのだが、

初めて愛に触れ、そして恋に落ちた。

ティリオンはこの恋にとても真剣になり、ナイショで彼女と結婚したのだった。

 

 

しかし、

2週間後、父タイウィンがティリオンが一般女性と結婚していることに

激怒し、ジェイミーに事情を話させる。

ジェイミーが父のタイウィンに実は全ての出来事は

彼が仕組んだことであり、ティリオンに女経験をさせるためのものだった。

ということを告白したのだった。

そう、ティリオンが真剣に恋に落ちたと思っていた相手は金で買われただけの娼婦だった。

タイウィンはティリオンが見ている前で守備兵と娼婦をやらせたのだった。

 

その話を聞き、シェイは襲われて暴行されたばかりの女性が何時間後に簡単に男を許すわけはない、と指摘する。

ティリオンは自分は若くて愚かだった、と認める。

そしてシェイはティリオンにキスを始める。

それをみてブロンはテントを去る。

 

ーーーーー

その翌日

ラニスターはスターク家がすでに不意打ちで責めてきていることに気づく。

ティリオンは大声で丘部族民に掛け合いの声をあげると、

「ハーフマン!(半分人間)」

と勢い良く叫び、丘部族民は前線で戦うべく走っていく。

しかし、ティリオンは誰かの棒が頭に当たり、意識を失って倒れてしまう。

 

ティリオンは意識が回復していった。

するとブロンが隣にいて、ティリオンを引きずっていた。

ブロンはラニスターが戦いに勝ったと話す。

しかしそれはフェイントだった。

 

実はロブがリバーランのジェイミーのいる軍を攻撃するため、

Tywin(タイウィン)に2000の軍を送り、Tywinの行動を遅らせるための作戦だった。

 

ーーーーー

キャトリンとセリンは二人で馬に乗り森林でロブの帰りを待っていた。

セリンがもう待つのは辞めようと言い出した時、

ロブが向こうのほうから護衛と共に現れる。

 

そして囚人も連れてきていた。

その囚人はジェイミー・ラニスターだった。

 

ロブはこの戦いに勝ったのだ。

この戦いは後に

「ウィスパリング ウッドの戦い」

と呼ばれる。

 

ロブ達の作戦は成功し、

ジェームズの兵士たちは破壊されたのだった。

 

ジェイミーはロブとの一騎打ちを申し出て、これで戦いは終わらせるべきだ

と言うが、ロブはこれを拒否。

ジェイミーを捕虜にするようにと命じる。

 

ロブは2000人の兵士を犠牲に送ったことに心が傷んでいた。

しかし、今勝利しても戦いは終わっていないのだ、と皆に話す。

スポンサーリンク

壁にて

ジョー・モーモンと司令官がジョン・スノウに自分の命を救ってくれた

お礼としてロングクロ−(バーバリアンの剣)を渡す。

 

ジョンはこんな伝統的なモーモンの剣を受け取るわけにはいかない、

というが、

ジョーは元々はこの剣は息子のジョラ(タイゲリオンの娘、デナーリスの使いをしている、ジョラ)

に与えるものであったのだが、やつは歯向かってエソスへと亡命したので、

もうその資格はないから、これはお前のものだ、と剣を無理やり渡す。

 

このバーバリアンの剣はホワイトウォーカーを倒すことが出来ると言われている。

 

 

そしてジョー・モーモンとは今までジョンに冷たく当たってきたアリサーをキングズランディングへ

ホワイトウォーカーについて報告しに送ったと言う。

 

ジョンはその後大食堂へと行く。

そして皆がその剣を触りたくて騒ぎ立てていた。

しかし、サムはなにやら落ち着かない様子だ。

ジョン・スノウはサムが何を隠しているのか言わせる。

するとサムは

ロブが父を助けるために南へと戦争をしに向かっている

と言うことを話す。

 

ジョンは自分も一緒に戦うべきだ、と思う。

しかし、マスター・エイモンに呼ばれ話をする。

マスター・エイモンはナイトウォッチが結婚しないのは

仕事が優先であるからだ、と説いた。

 

そして自分も家族が全滅させられてもその道を貫いたのだと。

ジョンは、エイモンはどこの家のものだったのか、と尋ねる。

エイモンは答える。

自分は狂気の王の叔父である事を明かす。

そう、エイモンの本名は

エイモン・タイゲリオン

あのタイゲリオンの一族だったのだ。

 

ジョンはそれを聞き驚きを隠せなかった。

しかしその道を選ぶのは楽ではない。

エイモンはどちらを選ぶかは自分で決めるべきだ。

とジョンに言った。

 

海の向こう側にて

東遠く、デナーリスは夫の傷の調子を心配していた。

すると、ドロゴが馬から落ちてしまう。

 

デナーリスはミリ・マズにドロゴを助けるようにと頼む。

QUOTHO(クオソ)はその魔女がドロゴの世話をするのに腹を立てていた。

 

ジョラが王の争奪戦が始まる前にここから去るべきだと忠告するが

デナーリスはドロゴから離れない、と言い張る。

そしてジョラにも鎧をつけるようにと要請する。

 

ドスラキ族は力の強いものが王なのであり、血筋など関係ないのだ。

ドロゴが死に、他のものが王になれば、必ず新王はデナーリスとその息子を殺すだろう。

 

デナーリスはなんとかドロゴを助けられないか、とミリマズに頼むと、

一つだけ命を吹き返す方法がある、と彼女は答えた。

しかし、その引き換えに馬の命が必要だ、と。

 

そして魔女の儀式が始まる。

Quothoは自然に逆らった方法をとるデニースに激怒し、

魔女を止めようとするが、ジョラはそれを阻止し、Quothoを倒す。

するとデナーリスが苦しみ始める。

なんと息子が生まれようとしているというのだ。

しかし、ドスラキ族の産婦は助けようとしない。彼女は呪われたのだと思っているからだ。

選択の余地はなく、ジョラはデナーリスをテントの中に連れて行った。

 

キングズランディングにて


 

バーリーズがネッドを再び訪れる。

バーリーズはサンサが父を助けるために必死になっていたこと、そしてロブが北から

軍隊を連れて攻めて来ていることを伝える。

それに加え、女王はロバート元王の弟であるスタニスが無慈悲な事についても心配している、と。

 

バーリーズは娘のために反逆罪を白状することを薦める。

そうすればサーセイはネッドをナイトウォッチとして壁に送り、ベンジェンとジョンに

加わることが出来るだろう、と。

 

ネッドは自分は兵士として生きてきたのに、自分の名誉を命の為に捨てるのか、

とバーリーズに対して怒るが、バーリーズは娘の命はどうなるのだ?と答える。

ーーーー

アリア・スタークは、都市の通りで苦しい生活をしていた。
彼女はハトを捕え、1切れのパンとそれを交換しようとするが失敗に終わる。

すると群衆がどこかへ向かって歩いている。

アリアがどこへ行くのか聞くと、

王国の手がバーラー(都市での宗教的な崇拝のセンター)の前に連れてこられる

と言っている。

 

アリアはびっくりしてハトを地面に落とす。

そして群衆の行く方へと自分も向かう。

しかし人がいっぱいで見えないので、バーラーの像

(前のTargaryen王)によじ登り、なんとか父の姿を見ることが出来る。

父は鎖につながれていた。

 

そしてネッドも像の方を見つめ、アリアがいることに気づく。

そして群衆の中を押されながら

ナイトウォッチのヨレンの前も通り過ぎる。

その時、像の方をみて「バーラー」と言う。

ヨレンはその意味を理解し、アリアのいる像の方へと向かう。

 

ネッドは民衆の前に立たされ、罪の告白をする機会を与えられる。

ネッドは二人の娘を見て、自分の罪を認める。

「ジョフリーが真実の王であり、彼を尊重する」

 

グランドマスターのパイセルがジョフリーに慈悲を与える事を薦める。

するとジョフリーは言う

「確かにこの償いは慈悲を与える価値のあるものだ。そして私の母は私の愛するサンサが頼んだように、

ネッドをナイトウォッチへ償いとして送ることを提案している。」

 

そして続ける。

 

「しかし、女とはヤワイものだ。こんなものでは罪は償えない。私はイリン・ペインにやつの首を持ってくることを命じる」

 

これにはサーセイも衝撃を隠せない。

群衆は騒ぎ始める。

アリアは自分の剣を握り父を助けるために立ち向かおうとするが、

ヨレンに掴まれて身動きが取れない。

ヨレンは

「見てはいけない」と言って必死にアリアを押さえつける。

 

サンサは叫ぶが守備兵によって峰打ちされて気絶する。

サーセイとバーリーズは息子に考え直すようにと言うが、もう時間がない。

ネッドは膝を地面に付けられアリアの方を見、安全であることを確認する。

イリン兵は剣を抜き、首を切ろうと剣を振り上げ、そして鈍い音がする。

>>>続く

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

 

新キャラ・没キャラ

新キャラ

⚫ウォルダー・フレイ

⚫シェイ

没キャラ

⚫エダード・スターク

 

注目のアイテム★

ティリオンは最強に毎回いい味を出していますね!

今回は踏みつけられてましたけど(汗

ティリオンのフィギュアはさすがに人気者だけにいっぱいありますね!

 
 

これはなんかカワイ過ぎるような気もしますけどね〜。
 

アクションフィギュア、さすがにこちらは似てますね!

そしてさらに!
その人気ぶりが分かりますが
USBドライブまで出ています(笑)
 

かしこそうなので、いろいろと覚えていてくれそうですねw

ティリオン事態もおちゃめですが、それを演じるピーターもなかなか
おちゃで好きです★

そしてティリオンのお父ちゃん、タイウィンさんですが、
この人もフィギュアになってたりするんですよw
 

なんだか可愛らしいですね(笑)
見えるような見えないような。。。
タイウィンさんまで集めてしまう人は凄いなとおもいますね、ほんとw
 

アクションフィギュアまで!
やっぱりアクションフィギュアだと結構怖いw

でも本当はこんなに優しそうな笑顔のお方なのですよ!

 

感想

いや〜〜、嫌な所で終わりましたね(汗

ネッド絶対死なないだろう?って思ったけど

やっぱり死んじゃったみたいですね(汗(汗

マジデスカ?

こんなところで。。。

衝撃的すぎる!

ネッドかなり重要な存在だったのにこれからどうするの?

 

 

あと、ここでかなりびっくりしたのがなんとナイトウォッチに

タイゲリオン一族がいたんですね〜〜。

これはビックリでした。

やはりどこかで一族は生き残るものなんでしょうか。

 

それにしてもジョン・スノウはみんなに好かれまくってますね。

ついにジョラが受け取るはずであった剣までスターク家の

ウルフ製に取っ手を付け替えて受け取ります。

すごいな〜。

で、このジョラ

ってあのジョラですよねw

はい、タイゲリオンの娘、デナーリスと共にアドバイザー?のような

ポジションでいつも一緒におられる人ですね。

一体なんでスパイなんかになっちゃったんでしょうね?

ココらへんの話も後々出てくるのでしょうか?

 

あとショックだったのが、ここでドロゴが。。。

こんなこともあるのか!って感じですね。

そこまで深い傷のように見えなかったのですが、

やはり傷が化膿してしまったのですね(汗

すごい強い人なのになんだか衝撃的な展開でした。

さらに呪いを使うという、なんだか斬新な展開。

ゾンビといい、これでいいのか???

ホワイトウォーカーもその呪いでなんとかしてくれないものでしょうかね?

 

あとは、あの強そうなジェイミーが捕まったこと!

あれれれ、こんなに簡単に捕まるのか!

そっちもすごくビックリしました。

ということで、ますます次回が楽しみです!

シーズン1 第10話へ   【ゲーム・オブ・スローンズ】トップへ

スポンサーリンク

おすすめ記事はこちら!


 - 海外ドラマ・映画