ゆうパックの値上げ2018はいつから?ヤマトや佐川どれが安いか検証!

   


こんにちは!

Mamiです。

 

今日はなんか太陽の爆発の影響なのか

なんなのかわかりませんが、

妙に暑いです。

 

また夏に戻った〜っていう感じがして

母とアイスクリームを食べてしまいました。

 

今年はハガキや切手が値上げになるということで

かなり騒がれていました

 

こちらも合わせてどうぞ
 

そしてなんとまたまた値上げの話題に。。。

今度はゆうパックの値上げになるということです。

 

給料は上がらないのに、いろいろ値段が高くなるという

なんだか理不尽な世の中ですね。。

 

ポンキー
ガソリン代が安くなったと思ったら
次は人件費問題だもんね〜

僕も使用人雇うの大変なんだよね〜

まみんぼ
給料上げてくださいな

ポンキー
猫缶が高いから駄目です。

まみんぼ
とほほ、、


ということで、

今回は

●ゆうパックの値上げはいつなのか

●ゆうパック VS ヤマト VS 佐川 どこが安い?

を中心に調べました。

 
スポンサーリンク

ゆうパックの値上げはいつ?

ゆうパックの値上げは

2018年3月1日から

です。

 

実は値上げは2015年の8月以来ということなので、

2年半くらいでまた値上げということですね。

 

基本料金の値上げは

発着地が沖縄を除く地域で

サイズにより110円から230円高くなります。

アルパカン
発着地が沖縄の場合は
40~290円の値上がりなのじゃよ。
いずれにせよ値上がりは避けられんの〜


これは平均して約12%の値上げ!

まみんぼ
これからはちゃんと吟味して

どれが一番安いかちゃんと考えないと

行けなくなってきましたね 汗


 

少し便利に?

2017年9月6日のYahooニュースによると、

値上げに伴って、

ゆうパックの配達希望時間に

19~21時

という項目が加わるそうです。

 

じゃあ、現在は?

といいますと

●午前中
●12時頃~14時頃
●14時頃~16時頃
●16時頃~18時頃
●18時頃~20時頃
●20時頃~21時頃

まみんぼ
あれ?なにが便利になったの?
変わってないじゃんw

アルパカン
時間の選択肢が増えた?
ということでしょうか。。。


時間希望時間はあまり改善されたように

見えないのですが、

これに加えて新たなサービスが登場しました。

それが、

 

受取人が不在の時、指定した場所に荷物を配達する

「指定場所配達サービス」

アルパカン
玄関前や車庫にも指定できるんじゃ!

ポンキー
屋根の上は?

まみんぼ
はしごがいるんじゃない?

ポンキー
ボクは要らないけどね〜


このサービスには専用サイトが設置されて、

そこで

配達日時の指定や勤務先への荷物の転送

も出来るようになります。

アルパカン
宅配ロッカーの増設や

初回宅配時に荷物を受け取った場合に

ポイントを付与するサービスなどもあるんじゃと。


まみんぼ
ちなみに現在でも、
コンビニや郵便局で受取が出来ますよ!

「はこぽす」っていいます。

詳しくはこちら


スポンサーリンク

ゆうパック VS ヤマト運輸 VS 佐川急便

やっぱりゆうパックが12%も値上げとなると

ヤマトや佐川急便にしたほうがいいのかな?

と悩みますよね。

 

しかし!!!

 

●ヤマトは

2017年10日1日から1個あたり

140円〜180円の値上げ

 

●佐川急便は

11月21日から値上げ

 

となんとどこもかしこも値上げだらけ!

まみんぼ
なんてこった〜〜


そこでどこを使用するのが安いのか調べてみました。

 

以下は現時点(2017年9月8日)

で分かっている範囲での計算になるので、

またいろいろ詳しい詳細が出たら

更新しますね!

 

●持ち込み割引はなし

●場所は大阪から東京まで、

とします。

ポンキー
1番安い料金が赤字になってるよ〜

ゆうパックの場合

■ゆうパックの計算はこちら

 

●60サイズ=840円+110円=950円

●80サイズ=1070円+110円=1180円

●100サイズ=1280円+130円=1410円

●120サイズ=1500円+160円=1660円

●140サイズ=1720円+190円=1910円

●160サイズ=1930円+190円=2120円

●170サイズ=2250円+230円=2480円

まみんぼ
こうやって見ると
結構違うね〜


 

ヤマト運輸の場合

■料金検索はこちらにて

 

●60サイズ=1004円

●80サイズ=1220円

●100サイズ=1456円

●120サイズ=1672円

●140サイズ=1908円

●160サイズ=2124円

 

佐川急便の場合

重さは20kg以下に設定

■料金検索はこちらにて

 

●60サイズ=864円(2kg以下)

●80サイズ=1134円(5kg以下)

●100サイズ=1404円+60円=1464円(10kg以下)

●140サイズ=1674+230円=1904円(20kg以下)

●160サイズ=1944円+180=2124円(30kg以下)

●170サイズ=2484+17.8%=2926円(40kg以下)

まみんぼ
こうやってみると

小さいのは佐川急便、

100サイズ以上はゆうパックが安い

ということがわかりますね!

スポンサードリンク

 まとめ

ということで、

ゆうパックの値上がりは2018年のいつか?

ゆうパック、ヤマト、佐川と比べてどこがお値打ちなのか?

を実際に計算して調べてみました。

 

いや〜こうやってみると

ヤマト運輸が全く1番値段が安い料金が無いという

結果に終わりました。

 

ということで

100サイズ以内なら

佐川急便は料金の値段をしないので、

佐川急便を利用したほうがお得です。

 

あとは、

佐川急便の方が少し安い金額もありましたが、

全体的にはやはりゆうパックが値上げしたと

いえど、やはり1番料金は安いですね。

 

おそらくゆうパックもそこらへんを

計算して料金を出してきたのかもしれませんが。。

 

沖縄からの送料だともうちょっと料金に違いが

ありそうですが、今回はオーソドックスな

東京ー大阪で調べてみました。

 

あと、重さによっても規定よりも重い荷物で

あれば基本料金よりも高くなるので

しっかりと計りましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事はこちら!


 - ニュース, 比較してみた