MAMIはつぶやきさん

最新海外ドラマ・映画を中心につぶやくブログ。アメリカ発信のお役立ち情報も追加中!

火薬田ドン過去のエピソードまとめ!27時間テレビ2017登場はいつ?

   


こんにちは!

Mamiです。

 

火薬田ドンの存在を知っている人はどれくらいいるのでしょうか?

明日から27時間テレビが始まりますが、

なんと、

2016年で終了したと言われていた

火薬田ドンがまた登場するようですw

 

なんだか気になってしまったので

いつ火薬田ドンが2017年の27時間テレビに

登場するのか、

 

そして過去にはどんなエピソードが

あったのかまとめてみました。

 

スポンサーリンク

火薬田ドンとは?

ざっくり説明すると、

ビートたけしさんが扮する「火薬名人」です。


初めて登場したのは

2008年のFNS27時間テレビにて。

「さんま・中居の今夜も眠れない」

に出て以来、

 

毎年今夜も眠れないでレギュラー出演

となっていました。

 

毎回おもしろいネタ?を披露の後に

でっかい花火に火をつけちゃいます。

 

それがものすごく危なっかしい

 

ネットでチェックしてたら、

なにげに火薬田ドンを

毎年楽しみにしている人が結構いるようです。


ポンキー
ボクも火薬田ドン好きだな〜

火薬田ドンは2017年27時間テレビに登場する?

ニコニコニュースによると

毎年登場していた「今夜も眠れない」

が無くなった事もあって

火薬田ドンは2016年をもって終了した

とされています。

 

しかし、Dマガジンを読んでいたら、

なんと、また火薬田ドンが登場するらしいのです。

 

Dマガジンさんによると

今年2017年の火薬田ドンの登場は

「さんまのお笑い向上委員会SP」

 

であることをほのめかしています。

やはりさんまさんがいないと

火薬田ドンさんの登場が盛り上がら無いですからね!

 

今回はいつもの中居くんとさんまさんが

まったりと会話しているところに

登場するのではなく、

沢山のお笑い芸人がいる中での登場となりそうなので

どんな展開になるか楽しみですね!

スポンサードリンク

火薬田ドンの過去のエピソード

■火薬田ドン物語


→楽天でチェック

→アマゾンでチェック

 

なんとDVDになるほどの伝説にw

それでは

一体火薬田ドンはどんな事をしてきたのか、

過去のエピソードを紹介します。

 

■2008年

初登場。

携帯電話で穂花さんに悪態をつく。

なぜか蛇三線を持っている。

自己紹介の後、さんまさんに

「ほのかちゃんのお父さんでいらっしゃいますか?」

と聞かれる。

 

そして花火の名人として、

 

まず外でやる

打ち上げの筒を覗いちゃいけない

五尺玉にまたがっちゃいけない

六尺玉に入ろうとしない

●月まで行こうとしない

 

と説明すると

いきなり巨大な火薬玉が登場w

火をつけて火薬玉を持って

結構距離のある打ち上げの筒へ

入れようと走るも、途中でコケる。

 

そして花火が爆発。

「ケツ熱いぞお前」と一言

 

■2009年

今回はさんまさん、中居くんに加えて島田紳助さんも

火薬田は踊りながら

「前回のリベンジ」と言い登場

 

巨大な正五尺玉を打ち上げようとする。

 

そして再び黒板登場。

去年の失敗を受けての注意事項として、

 

●花火を持ってウロウロしない

●導火線は長めにしておく

●1回くらいはリハーサルをしておく

 

と解説。

そして花火に火をつけて打ち上げ筒に入れる。

 

しかし打ち上げ筒が倒れてしまう。

ドンは転がってくる巨大な花火に追いかけられてしまう。

 

みんなで心配していると

「また来年」と救急車に垂れ幕がかかっていた。

 

■2010年

2009年にまた来年と垂れ幕をつけたが、

2010年の火薬田ドンの登場はなかった

 

■2011年

通常の「今夜も眠れない」

には登場せず、

「真夜中の恋の若騒ぎ」にて登場。

 

この時ナインティナインの矢部浩之さんが

100kmのマラソンに挑戦していた。

 

「青木の父だ!火薬田ドンだと思ったら大きな間違いだぞ!」

と「青木の父」というたすきをかけて登場。

 

(矢部さんは青木さんと交際が報道されていた)

 

黒板には

●青木の娘を守る会一同

●お前なんかに娘は渡さん!

●青木家は矢部を許さん!

●娘を返せこの野郎

 

と書かれてあった。

 

今回は大砲が登場。

その中に一尺玉を入れて

矢部さんに向けて発泡しようとする。

 

しかしコケる。

そして爆発。

 

走っている矢部さんのとなりで

ゴホゴホと咳をしながら

コマネチのポーズをとる。

 

そこには

「また来年」という電飾が光っていた。

(BGMは蒲田行進曲)

 

■2012年

さんまさん、タモリさん、笑福亭鶴瓶さんが参加。

この年は草彅剛さんがマラソンに挑戦していた。

 

マラソンの中継?と思ったが画面が切り替わる。

そして火薬田ドンが登場。

 

今回は名前の入ったヘルメットを被って

爆破イリュージョニスト

であると名乗る。

 

計画図を紹介して、

「人間大砲でフジテレビ社屋の球体の上に着地する」

と宣言。

 

そして大砲が登場。

ドンは大砲に火をつけ、自ら大砲の中へと入る。

 

大砲のドーンという音と共に

大砲が発射。

 

煙が上がるが姿が見えず。

もしやドンは飛んだのでは?

と思われたが、

大砲の口が下げられ

そこから火薬田ドンがぼとっとプールへ落ちる。

 

火薬田ドンは黒焦げになっていた。

 


■2013年

ほこ×たけ」の一番手として登場。

 

船の上で三尺玉と筒、そして黒板を持っていた。

テーマが「女子力」というのにちなんで

 

●黙って出産する

●生まれた子供がハーフでもモロゾフの子供と言わない

 

と安藤美姫さんにちなんだネタを披露。

そして三尺玉に火をつける。

 

しかし!

打ち上がった花火が船の上に落下してしまう。

 

ドンは真っ二つになった船の上で黒焦げになっていた。

ーーーーー

番組のフィナーレでも再び登場

エンディングテーマの「SAY YES」と共に

花火を見事に打ち上げる。

 

しかし!

打ち上げ花火の筒が倒れて引火。

ドンは慌ててプールへ飛び込む。

 

鎌田行進曲が流れ、

祝!火薬田ドンDVD発売決定

と自ら宣伝した。

 

■2014年

お台場の特設会場から登場。

2020年東京オリンピックの聖火ランナー候補リハーサルだと称する。

 

この時SMAPの香取慎吾さんと共演

 

黒板には

聖火ランナーの心得として

 

●ゴーストランナーを走らせない

●城崎温泉や、東京、博多を1日で行ったり、来たりしない

●号泣しながら点火しない

●聖火ランナーを頼まれても簡単に「SAY YES」と言わない

 

この時のネタは

佐村河内守さん、野々村竜太郎元兵庫県議員、ASKAさん

について。

 

「おもてなし」と花火で浮かぶ

と言い張って聖火台に火をつける。

 

しかし火がつかない。

どうしたのかと覗き込んでみようとして

聖火台の中に落ちる。

 

そして聖火台そのものも倒れる。

結局プールへ落下。

 

■2015年

「今夜も眠れない」にて登場

船の上に乗った名人登場。

 

そこには三尺玉が積まれている。

 

新国立競技場の事を考えていると言い、

黒板の説明をする

 

●新国立は淺草花やしきに設立

●建築家はアネハに依頼

●東京都を広げてさいたまスーパーアリーナなども使えるようになる

●聖火は大塚家具の親子の花火でスタート

●又吉の「花火」は高田文夫がゴーストライターだ

 

隣りにあった火薬玉に火をつけ

筒のなかに入れようとするが、

その前に船が真っ二つに別れ

 

そのまま壁?に穴を開けて向こう側へ。

そして花火爆発。

 

「頭なくなっちゃった」

と言ってプールの中から姿を現す。

 

■2016年

「今夜も眠れない」で登場。

 

今回は不倫の記者会見について

黒板には

●いい歳して安いホテルに行かない

●なぞかけで締めくくらない

●会見の日にしきゅうしきをいれない

 

打ち上げる花火は

「不倫」ではなく、透明な世の中にしたいということで

風鈴を用いた。

 

ドンは自ら風鈴に入って打ち上げ筒へと行く。

そしてドン〜!っと煙があがるが。。。

 

飛んだ気配がない。。

 

中居くんが事故じゃないかと心配する。

 

すると打ち上げ筒が倒れて

風鈴(ドン入り)がプールへ落ちる。

 

水中の様子が映し出され

ドンが口から泡を出していた。

 

最後はドン自ら

「おもてなし」と言う。

 

まとめ

いや〜こうやって火薬田ドンの過去のエピソードを

たどってみると、かなり毎回体張ってますね 汗

 

たけしさんも生放送では無いとしても

結構たいへんなのでは無いかと思います。

 

2016年で終わったと思われた

火薬田ドンさんの登場は、2017年でも継続されて

火薬田ドンを好きな人はまた

楽しみな27時間テレビになりそうですね!

 

(それだけが楽しみという人も結構いますね〜)

 

今年はおそらく

「さんまのお笑い向上委員会SP」

に登場するというということなので

しっかりチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事はこちら!


 - 芸能