映画ウィンチェスターハウスのキャストと評価!怖い実話や現在の様子も紹介

こんにちは!

日本で6月29日に公開される、
ウィンチェスターハウス
という映画を知っていますか?

サブタイトルは
アメリカで最も呪われた屋敷」です!

 

はい、ジャンルは
このサブタイトルでわかる通り、
ホラー映画です。

さらにこの
ウィンチェスターハウスは、
実際にある建物です。

 

この家の見学ツアーもあるくらいですから、
アメリカでは有名なお屋敷のようですね〜

 

今回はそんな怪しいお屋敷が舞台になっている
映画「ウィンチェスターハウス」について

・キャスト

・評価

・実話と現在の様子

などなどについて調べて見ました。

映画「ウィンチェスターハウス」キャストの紹介

■ サラ・ウィンチェスター役


ヘレン・ミレン

出典:IMDb

映画好きの方なら、ヘレン・ミレンは
1度は見たことがあると思います。

1945年イギリス生まれの彼女は
今ではイギリスを代表する
女優さんです。

2006年公開の「クィーン」で
アカデミー賞主演女優賞を獲得しています。

2015年には
「黄金のアデーレ」で好評を得ています。

→Amazonで無料で見る

→楽天TVでレンタルする

そんなヘレン・ミレンが今作では
霊に取り憑かれてしまった家主の
サラ・ウィンチェスターを演じています。

家を38年間、24時間改築し続けた未亡人を
どんな風に演じたのかとても気になります。

 

■エリック・プライス役


ジェイソン・クラーク

出典:IMDb

1969年生まれのオーストラリア出身の
俳優さんです。

あまり見たことないと俳優と思うかも
しれませんが、実は彼はかなりの有名な
作品に出ています。

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」
「猿の惑星:新世紀」
「ホワイトハウス・ダウン」
「華麗なるギャツビー」
「ゼロ・ダーク・サーティ」
などなど。

今あげた作品だけでも、どれも話題になった
作品です。

そして2016年の映画
「エベレスト」では
主演を演じています。

→AmazonBlue-rayをチェック 

→TSUTAYA(ツタヤ)でレンタルする

 

今作ではこの屋敷にくるエリック役を
演じていて、屋敷で次々と起こる
怪奇現象に悩まされる
精神科医の役を演じています。

■マリオン・マリオット役


セーラ・スヌーク

出典:IMDb

1987年生まれのオーストラリア出身です。

この映画は主演のヘレン・ミレンを除くと
ほとんどがオーストラリア出身の俳優さんばかりです。

それは監督のスピエリッグ兄弟が
オーストラリア人なんです。

セットをオーストラリアに作って
撮影したことからも、
オーストラリア出身の俳優さんを
使ったんでしょうね。

セーラ・スヌークは2014年にも
スピエリッグ兄弟が監督した
「プリデスティネーション」に出演し、
オーストラリアの映画賞で女優賞を
受賞しています。

→Amazonでレンタルする 

→楽天TVでレンタルする

 

■ヘンリー・マリオット役


フィン・シクル=オープレイ

出典:https://www.cpmgt.com.au/talent/finn-scicluna-oprey/

可愛い子役ですね。

彼もオーストラリア生まれです。

過去にオーストララリアのドラマで
セーラ・スヌークと共演していて、
その時も彼女の息子役でした。

この映画で2度目の競演です。

息のあった親子が見れそうです。

 

■ベン・ブロック役


エイモン・ファーレン

出典:IMDb

ここまでくれば彼も当然、
オーストラリア出身です。

彼は最近25年ぶりに続編が放送された
「ツイン・ピークス The Return」に
出演していました。

その他、ディビッド・リンチの
娘が監督した「チェインド」
にも出演しています。

→楽天TVでレンタルする

 

ツインピークスっぽい、もしくは
デヴィッド・リンチ監督が好きそうな
雰囲気を写真から感じます。

ミステリアスな雰囲気が
「ウィンチェスターハウス」に
マッチしているような感じがします。

 

◆ウィンチェスターの巨大写真

→Amazonでチェック

 

映画「ウィンチェスターハウス」の評価は?

アメリカでの公開時の予想は
公開週末で

約840万ドル

でした。

 

そして実際は公開週末で

930万ドル!

の興行収入で予想を少し超えて
いい出足となっていたようです。

 

しかし作品の評価は厳しく、
批評家たちは

10点満点中3.9

とかなり厳しいです。

 

しかも視聴者の支持率は

10%

と悲しい結果に・・・・

 

まみんぼ
ウィンチェスターハウスの話だから見たいけど、映画の出来はちょっと・・ってやつかな。

ただこれはアメリカでの評価なので、
日本でどうなるかは分かりませんよ!

スポンサードリンク

「ウィンチェスターハウス」にまつわる怖い実話や現在の様子

アメリカのカリフォルニア州のサンノゼに
実際このウィンチェスターハウスという
お屋敷があります。

そしてこの家は心霊スポット、お化け屋敷
のような扱いになっています。

それはウィンチェスターハウスには古くから
まつわる噂があったからです。

38年間24時間改築し続けていた家

と言われています。

38年というのは、この家の未亡人だった
サラ・ウィンチェスターが
亡くなるまでの間で38年間だそうです。

しかも亡くなった後は、改築がストップしたため
途中の状態のままになっているそうです。

このウィンチェスターハウスの何が
不気味かというと、

・煙突が外につながっていない
・ドアを開けると壁
・床に窓がある
・ドアノブのない部屋
・ドアを開けると外に出てしまう

などなど不思議なことがたくさんあるのです。

もちろん、
この家を見学するにはガイドさんがついています。

それは危なかったり、迷路みたいに
なっているので、出られなくなる人や
怪我をする人もいるから、
ガイドさんがついているのです。

ポンキー
一人じゃ怖くて入れないよ〜
まみんぼ
ポンキーはそのままホラー映画出れるからねwww

◆楽天で人気の英会話教材♪

→楽天でチェック

 

まとめ

Loved this movie! #winchestermovie

A post shared by Ellie B. (@blue_angel_casifer) on

不気味な家で、ちょっと怖そうですけど
ガイドさんがいるなら行ってみたい!

なんて思ってしまいました。

ウィンチェスターハウスにはとても興味があるので、
映画も気になります。

アメリカでの評価はイマイチでしたけど、
不思議な家
「ウィンチェスターハウス」を見て
家に起こっている現象の真実を知りたいです。

コメント