スターウォーズを見るおすすめの順番2018!理由と時系列を分かりやすく紹介

こんにちは!

スター・ウォーズって
最近沢山ありすぎて
一体どれから見るのか分からない!

って思わず迷っちゃいます。

 

しかも最近ちょっと2作品くらい
見逃しただけで

あれ???

って脳みそが混乱しました 汗

 

でも安心してください!

ここでちゃんとどれから見るべきか
まとめました♪

 

さらに、レンタル屋さんへ
わざわざ足を運ばなくてもいいように

どのサイトでレンタル出来るかも
紹介しているので
参考にしてくださいね♪

スターウォーズをいっき見出来るサイトってあるの?

スターウォーズ全てを一定額で見放題
というサービスは残念ながら
現在は(2018年6月26日時点)
ではありません。

しかし!
ここでは1番お得な見方を
紹介しているので参考にしてくださいね♪

 

◆エピソード1〜6まで

2018年6月22日から6週間の間
Huluが限定公開で

エピソード1〜6まで
の見放題をやっています。

→Huluの公式ページはこちら

アルパカン

Huluは月額933円(税抜き)で
見放題、その他の課金なしのサービスじゃ。

でも1ヶ月無料でお試しが出来るのじゃよ。
その間に見ればタダ見が出来てしまうのじゃ。
ほっほっほ。

→Huluの公式ページはこちら

ポンキー
実はHuluでは
スターウォーズシリーズが
劇場公開される間近に
このようなサービスを
よくやってるんだよ!
ちょくちょくチェックするべし

 

◆エピソード7&8、外伝「ローグ・ワン」

エピソード7と8、
外伝の「ローグ・ワン」
は金額は
Amazonビデオが1番お得です。

なので、
どこのサービスにも入っていないのであれば
Amazonでレンタルするのをお薦めします。

→Amazonビデオはこちら

 

しかし、楽天ポイントが
貯まっているのであれば
楽天TVでレンタルするのがいいでしょう。

→楽天TVはこちら

 

また、他の映画も沢山見るのであれば

U-NEXT では月額1990円(税抜き)
ですが、1200円分のポイントが
もらえるので

ポイントだけでも
エピソード7,8,ローグワン
実質42円だけで見れます。

→U-NEXTの公式ページはこちら

 

もしくは
TSUTAYA(ツタヤ)もありだと思います。

月額は2417円(税抜き)ですが、
動画配信サービスに加え、
宅配DVDレンタルができます。

宅配DVDは旧作が借り放題、
新作は8枚まで見ることができます。

なので動画配信されていない
マニアックな映画なども見れちゃいます。

→TSUTAYA(ツタヤ)の公式サイトはこちら

ポンキー
30日間無料おためしもやってるよ!

ということで、
自分に1番合ったサービスを
選ぶのが一番良いと思います♪

 

◆スター・ウォーズを大人買いしちゃうならこちら

→楽天でチェック

→Amazonでチェック 

 

ずばり!おすすめの順番はこれ!

それでは早速
私のお薦めの順番を紹介します!

☆価格は2018年6月26時点のもので
変更になる場合があります

Huluは2018年6月22日から6週間の
限定公開で6話までが見放題になっています

(でもちょくちょく見放題やってますw)

この順番にした理由は
じっくり解説しているので
下でチェックしてくださいね!

 

【1番目】


『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

→Huluで見る(見放題)

→Amazonでレンタルする(199円)

→楽天TVでレンタルする(432円)

→TSUTAYA(ツタヤ)でレンタルする

→U-NEXTでレンタルする(324円)

 

【2番目】


『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

→Huluで見る(見放題)

→Amazonでレンタルする(199円) 

→楽天TVでレンタルする(324円)

→TSUTAYA(ツタヤ)でレンタルする

→U-NEXTでレンタルする(378円)

 

【3番目】


『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

→Huluで見る(見放題)

→Amazonでレンタルする(199円)

→楽天でレンタルする(324円)

→TSUTAYA(ツタヤ)でレンタルする

→U-NEXTでレンタルする(378円)

 

【4番目】


『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』

→Huluで見る(見放題)

→Amazonでレンタルする(199円)

→楽天TVでレンタルする(324円)

→TSUTAYA(ツタヤ)で借りる

→U-NEXTでレンタルする(378円)

 

【5番目】


『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

→Huluで見る(見放題)

→Amazonでレンタルする(199円)

→楽天TVでレンタルする(324円)

→TSUTAYA(ツタヤ)でレンタルする

→U-NEXTでレンタルする(378円)

 

【6番目】


『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

→Huluで見る(見放題)

→Amazonでレンタルする(199円)

→楽天TVでレンタルする(324円)

→TSUTAYA(ツタヤ)でレンタルする

→U-NEXTでレンタルする(378円)

 

【7番目】


『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』

→Amazonでレンタルする(199円)

→楽天TVでレンタルする(324円)

→TSUTAYA(ツタヤ)でレンタルする

→U-NEXTでレンタルする(378円)

 

【8番目】


『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』


→Amazonでレンタルする(400円)

→楽天TVでレンタルする(432円)

→TSUTAYA(ツタヤ)でレンタルする

→U-NEXTでレンタルする(432円)

 

【9番目】


『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』


→Amazonでレンタルする(199円) 

→楽天TVでレンタルする(432円)

→TSUTAYA(ツタヤ)でレンタルする

→U-NEXTでレンタルする(432円)

 

【10番目】


『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:映画.com

こちらは2018年6月29日から劇場公開ですね!

レンタル開始は2018年の10月くらいだと
思われるので、待てない人は劇場へ行きましょう♪

 

こちらも合わせてどうぞ

 

これを見てもわかると思いますが、
私がお薦めする順番はズバリ、

公開順ですw

その説明は下で詳しく解説しますね!

(その前に公開順、時系列をまとめて
分かりやすく説明しました)

 

スター・ウォーズを公開(年代)順に並べてみた(日本公開年)

以下はスター・ウォーズが公開された順番です⇓

1番:『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1978年公開)

2番:『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980年公開)

3番:『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年公開)

4番:『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999年公開)

5番:『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002年公開)

6番:『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005年公開)

7番:『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』(2015年公開)

8番:『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』(2017年公開)

外伝①:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016年公開)

外伝②:『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年6月29日公開予定)

なんでエピソード4から始まるの!!

ですよね。

きれいにエピソード1から始めてくれれば、
見る順番なんて悩まないのに…。

 

なお、エピソード9は2019年公開予定
その後も新たな3部作制作予定

まみんぼ
これ以上本数増える前に見ないと!!
ポンキー
頭がダースベイダーになりそう・・・

スター・ウォーズの話の時系列順に並べてみた!あらすじも

次に、時系列で並べてみます(あらすじ付き)。

◆新3部作(エピソード1、2、3)

主人公はアナキン・スカイウォーカー、
のちのダース・ベイダーです。

“選ばれし者”のはずの、アナキンがなぜ
ダークサイドに堕ちたのかが描かれます。

 

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』


フォースを操るジェダイ騎士、
クワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービは、
女王パドメ・アミダラを護衛することに。

その途中、奴隷の少年
アナキン・スカイウォーカーと出会う。

強いフォースを持っているアナキンを
クワイ=ガンはジェダイとして育てようとする。

一方、銀河系を支配しようと企む
ダース・シディアスは、
銀河を統治する銀河共和国の内部に
反対勢力を広めていて…。

 

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』


エピソード1から10年後。

共和国は崩壊寸前。

元女王パドメは命を狙われ、
ジェダイとなったアナキンが護衛することに。

再会を果たした二人は、
ジェダイの掟を破って、恋に落ちていく。

アナキンは、残してきた母の安否が不安で、
パドメと故郷の惑星に向かうが、
母は殺されてしまう。

怒りをコントロールできなくなった
アナキンは、フォースで人々を殺してしまう。

 

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』


クローン戦争勃発。

パドメと秘密の結婚をしたアナキン。

パドメは妊娠するが、アナキンはパドメが
死ぬ夢を見る。

母と同じようにパドメも失うのではないかと
苦しむアナキン。

フォースの暗黒面の力を使えば
パドメを助けられると、
ダークサイドの誘惑を受け…。

 

◆外伝(ローグ・ワン、ハン・ソロ)

エピソード3と4の間で、
デス・スター設計図奪還チームの活躍、
ハン・ソロの活躍、
がそれぞれ描かれます。

 

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』


エピソード4の10年前。

若き日のハン・ソロ。

故郷を抜け出そうとするが、
パートナーと離れ離れになってしまう。

銀河一のパイロットになり、
必ず救い出すと決意。

そして、犯罪チームに加わるが…。

 

外伝:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』


エピソード4の少し前。

帝国軍の宇宙要塞デス・スターの設計者を
父に持つジン・アーソ。

反乱軍はジンを帝国軍から救出。

父のメッセージを受けとったジンは、
反乱軍に協力することに。

志願兵で構成されたローグ・ワン部隊は、
命がけのデス・スター設計図奪還に挑む。

 

◆旧3部作(エピソード4、5、6)

主人公はルーク・スカイウォーカー。
反乱軍対帝国軍の戦いが描かれます。
コアになる3部作です。

 

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』


エピソード3の19年後

共和国が滅び、ダース・ベイダー率いる
帝国軍が支配する銀河系。

反乱軍側のレイア姫は、
帝国軍のデス・スター設計図を手にいれるが、
帝国軍に捕らわれてしまう。

ルーク・スカイウォーカーと
ジェダイの生き残りオビ=ワンは、
レイア姫の救出に向かう。

 

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』


エピソード4から3年後

帝国軍からの激しい攻撃を受ける反乱軍。

ルークは、ジェダイ・マスターのヨーダの下で修行中。

レイア姫とハン・ソロが帝国軍に捕まり、
ルークは修行途中にもかかわらず
ダース・ベイダーに戦いを挑む。

 

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』


エピソード5から1年後

ルークは、霊体のヨーダとオビ=ワンから、
自分の生い立ちを告げられる。

帝国軍はさらに強力なデス・スターを建造中。

反乱軍は決死のデス・スター破壊作戦を決行し、
ルークとダース・ベイダーは宿命の対決に…。

 

◆新シリーズ(エピソード7、8、9)

主人公は、女性でレイ。
レジスタンス対ファースト・オーダー
が描かれます。

 

『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』


エピソード6から30年後

帝国軍の残党ファースト・オーダーが
台頭している銀河。

レイア将軍はレジスタンスを指揮。

孤独に暮らしているレイは、
偶然レジスタンスのドロイドBB-8を助け、
レジスタンスと出会うことに。

しかも、レイには強いフォースが…。

 

『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』


レイは、ついにルークを見つける。

フォースをコントロールする訓練を
受けたいレイ。

しかし、ルークは、弟子のレンが
ダークサイドに堕ちたことから、
自分が最後のジェダイになると決めていた。

 

◆お弁当箱や小物ケースに

→楽天でチェック

 

私が公開順で見るのをお薦めする理由

時系列の方が分かりやすいのでは?
と思ってしまいがちですよね。

ですが、やっぱりおすすめは、

 

「公開順」

 

です。

ただし、外伝の順番はどちらからでもOK

 

理由① 画質・CGの差

エピソード4~6は、デジタル技術が
発展途上の70~80年代に作られています。

現在販売されているバージョンは、
デジタル処理を施してありますが、
それでもどうしても画質・CG等落ちます。

エピソード1~3を見た後に、4~6を見ると、
ちょっとガッカリ感があるというか…

若干テンション下がります(私だけ?)

公開順に見る方法なら、
エピソード4~6の後の1~3がきれいで感動!

 

理由② エピソード1~3は、前日譚

エピソード4~6を先に撮ったのは、
当時の撮影技術では
大戦争を描くエピソード1~3は今はムリと
判断したとの説があります。

ですので、脚本は、エピソード4を先に見ても
違和感がないように、作られています。

そして、あらすじでご紹介しましたが、
エピソード1~3は、のちのダース・ベイダー
アナキン・スカイウォーカーが
主役です。

公開時、観客はすでに
ダース・ベイダーの運命は分かっている上で
見ています。

「えっ、このかわいい子が
あのダース・ベイダーになるの!?」

と驚くはずなのです。
これを時系列で観てしまうと、
せっかくの驚きが1つ減ってしまいます。

 

理由③ ジョージ・ルーカスワールド

バラバラだったパズルのピースが、すべてぴったりとはまり、すべての関係がつながる、最後のエピソードが語られるのだ

これは、エピソード3公開時の
ジョージ・ルーカスの言葉です。

そう、エピソード4~6で、謎だった部分も、
エピソード1~3を見ることで完結するよ、と。

そう考えると、
ジョージ・ルーカスワールドの中では、
エピソード4~6、1~3の順番、
さらにエピソード3で完結なんですね。

エピソード7以降+外伝は、
ジョージが構想したものではなく、
ディズニーが同じ世界観で作った作品です。

まずは、ジョージ・ルーカスワールドを
ジョージが思うとおりに見て完結させるのが、
正しいのでは?

 

◆R2-D2マグカップ♪

→楽天でチェック

 

まとめ

スター・ウォーズは、
すでに40年におよぶシリーズです。

本数も10本と多い!

でも、ここは、ぜひ40年分一気に見てください。

スター・ウォーズの世界観に浸るには
公開順で一気に見る、が一番!

そして、来年エピソード9公開前に
今度は、時系列順でまた一気に見るのがおすすめ!!

コメント