映画クレイジーリッチの原作とキャストまとめ!続編はある?

こんにちは。

最近アメリカで話題となった映画といえば

「クレイジー・リッチ!」でしょう。

キャストが全員でアジア人ということで
話題になりましたが、キャストだけではありません。

原作、監督、脚本、俳優みんなアジア人です。

全てがアジア人のハリウッド映画なのです。

アジア人だらけの映画がアメリカで大ヒットするのは
同じアジア人として嬉しいです。

今回はそんな大ヒット映画
「クレイジー・リッチ!」を紹介します。

「クレイジー・リッチ!」のあらすじ

30代半ばのレイチェルは
ニューヨーク大学で経済学を教えています。

レイチェルにはニックという彼氏がいます。

 

ある時ニックはレイチェルを
「友達がシンガポールで結婚式をするから
一緒に行こうと」と誘います。

さらに「家族にも合わせたいから」と言いました。

ニックはシンガポール出身でした。

 

ニックの家のこと詳しく知らない
レイチェルは母親と

「ニックはアジア人だし貧乏かも」
と話をします。

 

しかしシンガポールに向かうために
レイチェルが空港につくと、
用意されていた席はファーストクラスでした。

驚くレイチェルがニックに
「あなたお金持ちなの?」と聞くと
ニックは答えを濁します。

 

レイチェルはシンガポールに着いて
初めてニックの正体を知ったのです。

 

そうニックはシンガポールの
不動産王の一族の御曹司だったのでした。

 

「クレイジー・リッチ!」予告

映画『クレイジー・リッチ!』予告【HD】2018年9月28日(金)公開

予告を見ただけで、
レイチェルを応援したくなりますよね。

ニックのお母さんに負けないでほしい。

予告から分かるのは「クレイジー・リッチ」
がヒットしたのはアジア人
という話題だけでなく、

アメリカ人の好きなシンデレラストーリー
だからだなと感じました。

 

こういう昔からあるシンデレラストーリーは
王道だけど、王道だからこそ
みんな好きなんですよね。

しかも豪華な世界を味わえそうで
女性は大好きな映画ですね。

 

「クレイジー・リッチ!」の原作は?

映画「クレイジー・リッチ!」の原作は

ベストセラー小説の
「クレイジー・リッチ ・アジアンズ」です。

⇓⇓

→Amazonでチェック

 

この小説を書いたのは、
ケビン・クワンというシンガポール出身の方です。

この本の内容は
ほとんど自分自身の経験を書いています。

 

そして原作も映画の中のニックと同じように、
ケビンはシンガポールの大金持ちの家の息子です。

アメリカで育った彼(ケビン)ですが、
映画の中のことは実体験に近いようです。

 

◼実は

人種差別的な裏話もあって
彼の原作が映画化される時に、
映画会社から

「主役の女性は白人にしてください」

 

と言われたそうです。

まみんぼ
なにぃ〜

 

しかし!ケビンはこれを断りました。

そして
「白人でやるなら映画化させない」
と言ったそうです。

アルパカン
えらい!!!

ケビン・クワンがしっかり断ったから
アジア人だらけの映画が出来上がり、
ヒットしたのですね。

 

この映画がこれからのハリウッドの
アジア人に対する考えを
変えるきっかけになったはずです。

まみんぼ
白人だけじゃなくていろんな人種の人がハリウッドでもっと活躍してほしいですね〜
ポンキー
これ結構ハリウッド界で問題になってるんだよね。他の人種の話なのに主役が白人ってやつ

「クレイジー・リッチ!」のキャスト

レイチェル・チュー役

出典:IMDb

主人公のレイチェルを演じたのは

コンスタンス・ウーです。

1982年3月22日生まれで台湾系アメリカ人です。

彼女は「クレイジー・リッチ!」が
ヒットしたことで、一躍有名になりました。

 

それまでは女優としての仕事がほとんどなく、
アルバイトで生計を立てていたほどです。

それでも生活は厳しく、
自己破産寸前だったのです。

 

しかしこの映画に出たことで
スターの仲間入りを果たしました。

彼女にとっては映画と同じように
シンデレラストリーなのかもしれません。

 

ニック・ヤング役

出典:IMDb

レイチェルの相手役の御曹司を演じたのは

ヘンリー・ゴールディングです。

 

1987年2月5日生まれのシンガポール系イギリス人です。

現在はシンガポールとマレーシアを
拠点にして活動しています。

 

今までほとんど俳優経験のなかった彼ですが、
監督はヘンリーのことを気に入り、
ニック役に抜擢しました。

今後はアメリカでの活動も
増えるかもしれませんね。

 

ニックの母親役

出典:IMDb

ニックの母親を演じたのは、

ミシェール・ヨーです。

この映画の中で1番有名なのが
彼女です。

若い頃はミス・マーレシアに
選ばれたこともあります。

その美貌から
「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」で
ボンドガールを演じたこともあります。

「ポリスストーリー3」では
派手なスタントも自らこなし、
強い女性を演じています。

その強さはニックの母親としても
現れている感じがします。

 

「クレイジー・リッチ!」の続編はある?

アメリカで大ヒットした
映画「クレイジー・リッチ!」

 

なんと続編も決定しました。

 

実は原作の「クレイジー・リッチ ・アジアンズ」には
続編があります。

 

「チャイナ・リッチ・ガールフレンド」
⇓⇓

→Amazonでチェック

 

「リッチ・ピープル・プロブレムズ」

⇓⇓

→Amazonでチェック

 

の2作です。

 

しかも最初から「クレイジー・リッチ!」が
成功したら続編を考えていたようです。

 

そのため現在の監督、脚本家が続編も担当します。

さらにメインキャストも
続編のへの出演が最初の契約に入っていたそうです。

同じスタッフで挑む続編も期待できそうですね。

スポンサードリンク

まとめ

ハリウッドのアジア人への扱いが
変わる気かっけを作った
映画「クレイジー・リッチ!」。

アジア人としてはぜひ見たいです。

王道シンデレラストーリーも気になりますね〜

最近はマーベル映画とかが
賑わってましたが、こういうサクセスストーリー
って世界には必要だと思います。

私の友達がめちゃくちゃおすすめしてたので
私も映画館へ足を運ぼうと思います。

コメント