南海トラフ巨大地震(東南海地震)の予言は5月17日?その確率は?

じしん

昨日の記事で2062未来人が2016年5月17日にまた帰ってくるという発言から、南海トラフ巨大地震(東南海地震)の予言であるかもしれない、ということを述べました。

2062未来人の予言についてはこちら

そこで、今回は南海トラフ巨大地震(東南海地震)の可能性は5月17日に本当にあるのか、そしてどれくらいの確率で発生しうるのか、ということを検証していきたいと思います。

<関連記事>

南海トラフ地震の予言をいろいろ集めていつ起こるか予想してみた

2062未来人の予言5月17日の南海トラフ地震はデマ?正体は?

未来人原田の的中率と信憑性を検証!嘘の噂や予言書き込みも紹介

 

南海トラフ地震とは?

南海トラフ巨大地震、という名前を聞いてもすぐに場所が分かる人は少ないと思います。

それでは、南海トラフとは何処を指しているのでしょうか?

南海トラフ(参照Wikipedia)

地図を見ると分かりやすいのですが、最悪なケースでマグニチュード9、1と想定すると、九州では宮崎県、大分県、四国は全て、本土は和歌山県、奈良県、三重県、愛知県、静岡県、長野県南部、山梨県、神奈川県の一部に被害が大きく出そうですね。

東南海地震は九州を含んでいませんが、南海トラフは九州も含むので更に拡大規模の地震であると言えます。

ものすごく大きな範囲なので本当に南海トラフ巨大地震が起こってしまったら大変なことになります。早くからの対策は重要ですね。

 

南海トラフ地震の頻度は?

約90から150年の間隔で発生すると言われています。中世以前では200年以上でしたが、それ以降は発生する間隔が早くなったようです。

 

過去に南海トラフ地震はいつ起きた?

以下が過去の南海トラフ地震の記録です。

  • 684年11月26日  (白凰地震) M8.25
  • 887年8月22日   (仁和地震) M8−8.5  (前回から203年後)
  • 1096年12月11日 (永長地震) M8−8.5  (前回から209年後)
  • 1099年2月16日  (康和地震) M8−8.3
  • 1361年7月26日  (正平地震) M8.25ー8.5 (前回から262年後)
  • 1498年9月11日  (明応地震) M8.2−8.4  (前回から137年後)
  • 1605年2月3日   (慶長地震) M7.9−8.0  (前回から107年後)
  • 1707年10月28日 (宝永地震) M8.4−8.6  (前回から102年後)
  • 1854年12月23日 (安政東海地震)M8.4     (前回から147年後)
  • 1854年12月24日 (安政南海地震)M8.4
  • 1944年12月7日  (昭和東南海地震)M7.9−8.2(前回から90年後)
  • 1946年12月21日 (昭和南海地震)M8−8.4

2016年5月17日に南海トラフ巨大地震は起こる?

最後に南海トラフ地震が起きたのは1946年の12月21日なので、今年(2016年)でちょうど70年目に当たることになります。

過去のデータは一番早くて90年の間隔だったので、70年と言うのはちょっと早い様な気もしますが、間隔が少しずつ短くなってきているので、有り得なくもなさそうですね。

2014年中に起こるという予想が東京大学の地震予知学の権威である村田教授によって出されていた

実際にはM5級の地震が2014年に予想地域で発生しましたが、大規模の地震までにはなりませんでした。

しかし、2014年にすでに予想がされていたということは、2016年に南海トラフ地震が起こっても不思議ではないですね。

 

南海トラフ地震は冬に起こりやすい

ここで注目したいのが、過去に起きた月です。

12月が5回、2月が2回、8月が2回、あとは9、10,11月に1回起こっています。

全体的に涼しくなってきた時期、もしくは冬が多いです。

逆に言えば3月から7月までに起こったことが一度もないですね。

そのことから5月17日に南海トラフ巨大地震(東南海地震)が起こる可能性は低いと考えられます。

 

4月16日に起きた熊本県の地震とは関係がある?

M7.3の地震が熊本県で起こりましたが、前後に発生した一連の大地震はすべて断層型地震で、南海トラフ地震との関連は無いとみられています。
しかし、南海トラフ地震の震源プレートに発生した「ひずみ」を表していると考える専門家もいます。もし「ひずみ」ができているのならば、地震は発生しやすい状況にあると言えます。

 

最近起きた地震で関係があるものはある?

2016年4月11日に三重県の南東沖でM6.1の地震が発生しました。

この地震は東南海プレート境界型地震で、さらに長周期地震動が観測されたことから、南海トラフ地震に関連性があるとみなされています。

まとめ

以上のデータからすると、2016年に南海トラフ巨大地震(東南海地震)が発生する可能性は4月11日に三重県に起きた地震が関連性があるため、有るうると思います。

しかし、過去に暖かい時期である3月から7月に起った事例がないので、5月17日には起こる可能性は低いと思います。

もしも2062年未来人が何かの予言の意味でまた再来するのであれば(そして当たっているなら)、何か別の事を指している可能性の方が高いですね。

どちらにせよ南海トラフ地震自体はおそかれ早かれ今後50年以内に起こると予想されるので、津波対策や、原発事故防止を国も個人もしっかりと考えていかないと行けないですね。

<関連記事>

南海トラフ地震の予言をいろいろ集めていつ起こるか予想してみた

2062未来人の予言5月17日の南海トラフ地震はデマ?正体は?

未来人原田の的中率と信憑性を検証!嘘の噂や予言書き込みも紹介

コメント

  1. 雄介 より:

    熊本地震の影響で九州地方はまだまだ余震が続いているので引き続き警戒してください。

  2. 匿名 より:

    200年以上前のマグニチュードを計測できたんでしょうか

    • MAMI(まみんぼ) より:

      どうやって測ったかは書いてなかったのですが、おそらく過去の資料から推測したものだと思われます。
      そこらへんは私も専門家ではないので分かりません。

  3. 匿名 より:

    南海トラフでどれくらいの被害がでるんでしょうか…

    • MAMI(まみんぼ) より:

      予想では死者33万人とか言われています(汗)

      東日本大震災は地域的に人口が日本でも少なかったので、行方不明者を入れると約18000人でしたが、南海トラフ地震が起こってしまうと被害は東日本とは比べ物にならないくらいの規模になってしまいます。

      そうならないようにも対策は必要ですね。。。

  4. Wang-ta より:

    昔の地震の規模は、文献や地質調査、液状化の跡や家屋倒壊の記録などを照らし合わせると
    震源地やマグニチュードなどは、ある程度推測できるみたいですね
    ただ海底が震源と思われる地震はまだまだ未知の部分も多いようです

    今回の九州地方の地震は中央構造線沿いの活断層の活動と思われますが、
    中央構造線沿いの地震は連鎖するのと、余震活動が活発だったことが記録に残っているので
    やはり警戒が必要ですね・・

    • MAMI(まみんぼ) より:

      そうなんですね!
      ということは東日本大震災のようなケースは以前あったとしても、まだはっきり記録に載っていないという可能性が高いのですね。

      連鎖するのって逃げ場も無くなっちゃうし怖いですね。。。
      日頃の個々の警戒が一番必要なのかも知れませんね。`余震活動が活発になったら注意ですね!有難うございます。

  5. 匿名 より:

    地震に季節って全く関係ない気がするのですが…筆者さんは、どんな理由があって季節が地震と関係あると考えているのでしょうか?
    強いて言えば、水温上昇による地殻の活発化(またはその逆)とかなんですかね?

    • MAMI(まみんぼ) より:

      地震というよりは、南海トラフの地震に限っては冬から春にかけてが多いので、南海トラフに関しては秋ー春の可能性が強いという結論を出したわけですが、
      世界的なデータを見ると、確かに冬辺りの地震が多いとはいえ、5月と8月にチリでの大地震が起きているので、全ての地震が季節限定とは言いがたいですが、
      この場合も、夏に起きている大地震がチリに多かったり、やはり場所によって地盤の状態が台風やハリケーンで水温が変わったり、地盤に歪が生じたりしやすい事も有るかもしれません。

      日本で言うと2000年以降はあらゆる場所で年中地震が起こっているので、地震が起こるたびに地盤が変化していつ何が起こるかは分からないと思います。

      ただ、今回は南海トラフ大地震に限って過去のデータから結論を出しました。
      地震専門家ではないので、ココらへんが私の出せる結論の限界かとw

  6. みー より:

    本当に南海トラフ 5月17日に本当に来るのですか

    • MAMI(まみんぼ) より:

      私の見解では来ないと思います。

      でもいつも何か会った時のための警戒はしておいたほうがいいですね!

  7. 麻耶 より:

    本当に南海トラフ地震来たらみんな助からないし
    来ない事越した事ないけど
    来ない事祈るしかないですね

    • MAMI(まみんぼ) より:

      麻耶さん、コメント有難うございます。

      そうですね、来ない事を祈るのと、自分で災害が起きたときの出来るだけの準備をするくらいしか、
      私の様な一般庶民には出来ないです。

  8. 匿名 より:

    涼しい時期に起こる可能性が高いのは11/23です。
    この日は松原照子さんって言う予言者が予言した日です。
    しかしながら水曜日でカレンダーが赤くなっていると言っていただけなので、それらの条件に当てはまるのが11/23だったので、2016年に起こるならこの日の可能性が高いと思います。
    まぁでも去年の大学教授の予言した日(4/12)も結局はこなかったので、多分今年も来ないと思いますね。この手の予言って「発生する可能性が高い」と思われているから今年来るんじゃ?今年来るんじゃ?と考えている奴が勝手に予想してるんじゃないかと。だから2017年、2018年とかそれ以降もこういう予言はバンバン来ると思います。

    まぁいずれにせよ50年後だと東海地震が前回起きてから200年になるので、それまでには起こる可能性は高いでしょう。

    • MAMI(まみんぼ) より:

      ハズレる可能性も大きいとは思いますが、やっぱり気になってしまいます。

      ただ、こういう予言があるとある意味地震対策を意識しやすいので、
      少しは役に立っているのかな?と

      ただ、心理的には良くないですけどね。。。

  9. 西岡剛 より:

    うわーこえーほんとに、くるかな、ヤバイヤバイ

  10. めぐ より:

    怖いなぁ