ウォーキングデッド「シーズン2」1-13話あらすじやまとめ。新・没キャラ表示あり

      2017/11/16

ウォーキングデッドのシーズン2のあらすじとまとめ、そしてネタバレです。
新キャラ、没キャラ載せているので見たくない人は注意してください。

詳しい情報が満載!
 
こちらも合わせてどうぞ
スポンサーリンク

第1話: 長い旅路の始まり

シェーンが提案していたフォートベニング基地へと向かうリックたち。

 

途中で渋滞状態の車の列に遭遇し、

そこでウォーカーの集団に襲われてしまう。

 

全員がウォーカーと四苦八苦しているうちに

ソフィアがいなくなっていた。

 

慌ててソフィアを森の中で探すリックとダリル。

いくら探しても見つからず、

リックは教会で待つことにする。

 

シェーンもリックと一緒に残ることになるが、

カールもソフィアは友達なので一緒に探すという。

 

しかし、カールに災難が降りかかってしまうのであった。

 

第2話: 命の代償

鹿を撃ったオーティスの銃弾がカールに貫通したのだった。

 

カールを農場へ連れて行き獣医師である

ハーシャルが早速手当てをする。

 

しかし手術をするのには薬品が足りない。

学校に薬品があるということで、

シェーンとオーティスが薬を取りに向かう。

 

更にT-ドッグがゾンビ襲撃の際に

怪我を負って調子が思わしくなっていく。

新キャラ
maggie beth hershal otis patricia jimmy

第3話: 最後の銃弾

学校に薬品を取りに行ったシェーンとオーティスだが、

大量のウォーカーに悪戦苦闘する。

 

そして遂に銃が一発しか残っていない状態になってしまった。

 

そこでシェーンが出た行動は残酷なものだった。

オーティスを銃で撃ち、

そして囮にするというやり方だった。

 

シェーンは真実を隠し、

オーティスは振り向いたら居なかった、と言う。

 

シェーンのお陰でなんとか一命を取り留めるカール。

しかし未だにソフィアの行方は分からないままだった。

没キャラ
otis

第4話: 涙に咲く花

リックは農場に滞在させて欲しいと懇願するが、

ハーシェルはカールが良くなってソフィアが見つかったら

農場を出て行って欲しいと言う。

よそ者は歓迎ではない様子だった。

 

そんな中、グレンとマギーが接近。

 

ダリルはソフィアが行方不明で悲しんでいるキャロルを慰めていた。

ダリルはソフィアを探しに出かけるが、

ソフィアは見つからなかった。

 

デールは井戸にはまったウォーカーを

水を汚染させないようにひきあげようとするが、

失敗してしまう。

 

ローリはグレンとマギーに頼んで持ってきてもらった

妊娠検査薬を使用した。

そしてその結果は陽性だった。。

 

第5話: 無限の生命力

ソフィアを探しに森へ出かけたダリルだったが、

ソフィアの人形は見つけたものの、怪我をしてしまう。

 

意識が朦朧とした中でメルルに遭遇するダリル。

 

一方ダリルが勝手に馬を借りてしまったこともあり、

リックとハーシェルの間には緊張感が漂うようになっていた。

 

そんな中、グレンはローリから妊娠しているが

まだリックに知らせていないことを知り困惑するのであった。

 

なんとか農場へ戻ってきたダリルだが、

ウォーカーだと思ったアンドレアに狙撃されてかすり傷を負う。

 

マギーとの関係が更に深まったグレンが、

こっそりと二人で楽しむ場所を探すために納屋にこっそり行く。

 

しかしそこでグレンが目撃したものはウォーカーの集団だった。

 

第6話: 明かされる秘密

ハーシェルはウォーカーは「病気の人間」だとし、

ウォーカーを人として扱っていた。

 

ウォーカーの集団を発見したグレンだったが、

マギーに他言無用と言われてしまう。

 

ローリが妊娠しているという秘密も抱えていたグレンは

とうとうこらえきれなくなって、

デールに納屋のこと、ローリの妊娠の事を話してしまう。

 

そこでデールがハーシェルとローリの説得を試みるが

どちらもあまりうまくいかなかった。

 

グレンとマギーは再びローリのために物資を調達しにいくが、

マギーがウォーカーに襲われてしまう。

 

なんとかウォーカーを始末するグレン。

そこでマギーはハーシェル家の考えは間違っていたことに気が付く。

 

そしてデールはシェーンの秘密に気が付いていた。

リックは中絶薬を見つけ、ローリが妊娠していることに気が付く。

 

そして詰め寄ったリックにローリが

シェーンと関係があったことを告白する。

 

一方アンドレアとシェーンの関係も深くなっていった。

 

第7話: 死の定義

ローリの妊娠もあり、更に農場に滞在したいと主張するリック。

しかし、ウォーカーを病人だと信じるハーシェルは条件として

納屋にあるウォーカーを生かしておくことを出す。

 

シェーンはこれに大反対。

更にシェーンはローリの子供は自分の子だと主張。

 

デールはシェーンの異変に気づき、

シェーンをどうにかしなければと思いはじめる。

 

しかし、シェーンはハーシェルの銃禁止令に基づいて

銃を管理していたデールから銃をとりあげ、

納屋を解放し、銃を渡された仲間と共に

ウォーカーを次々へと始末していく。

 

納屋の中から出てきたウォーカーの中に見たものは。。。

 

ソフィアだった。

悲嘆にくれる仲間たちの中、

リックは銃を構え、ソフィアをウォーカーから開放するのであった。

没キャラ
Sophia

第8話: 希望という幻想

納屋のウォーカーを全て始末されてしまったハーシェルは

怒りと悲しみに包まれ、どこかへ行ってしまう。

 

リックとグレンはハーシェルを探しにいく。

ローリはダリルに一緒に行くように頼むが断られてしまう。

しょうがないのでローリーは一人でリックの後を追う。

しかし途中、車事故にあってしまう。

 

一方ハーシェルは酒場にいた。

何十年も飲んでいなかった酒をのむハーシェルに

リックたちは農場へ戻るよう説得する。

 

そんな時に、2人の男がバーに出現。

2人は一緒に農場へ行くと言うが、断ったリックたちと銃撃戦になる。

新キャラ
Tony dave

没キャラ
Tony dave

第9話: 繰り返されるウソ

バーに現れた2人、デーブとトニーを始末して

農場に戻ろうとしたリックたちだったが、

デーブの仲間が来てしまう。そして銃撃戦へ。

 

しかし、銃声を聞いてウォーカーたちが大量に集まり始める。

 

焦ったデーブの仲間であるショーン、

ランドル、ネイトたちはバーから脱出するが、

ランドルの足が柵に刺さってしまう。他の2人はそれを見捨てて逃走。

 

リックはランドルを助ける。

 

一方ローリが居なくなったことに気づいたシェーンは

ローリを探し出し、農場へ連れ帰る。

 

そしてローリの妊娠の事を皆にバラしてしまう。

 

翌朝リックたちがランドルを連れて帰ってくる。

しかしシェーンはランドルをすぐに始末するべきと主張。

そしてハーシェルとの亀裂がさらに深まる。

新キャラ

sean Randall nate

没キャラ
sean
スポンサーリンク

第10話: 決闘

リックとシェーンはランドルを置いていく場所を選ぶために出かける。

そこでシェーンがオーティスを撃ったことを告白。

それでもシェーンを信じる姿勢のリック。

場所を見つけ、ランドルを置いておこうとするが、

ランドルがマギーと同級生であったことが分かる。

 

そこで農場の場所を知っているランドルに危機を感じ、

その場で始末しようとするシェーンと

それを反対するリックとの間で殴り合いが始まる。

 

しかしシェーンが投げた鉄棒で割れたガラスから大量のウォーカーが。

結局ランドルを置き去りにすることはできず、そのまま農場へ戻る。

 

一方母親を失ったべスは自殺を図ろうとする。

そのことでローリとアンドレア間で口論。

 

さらにべスがガラスの破片で手首を切ったことを知った

マギーは見張り役だったアンドレアに激怒する。

 

第11話: 生かすか殺すか

ダリルはランドルに拷問をし、ランドルが何者であるか正体を探っていた。

そして、ギャングの仲間だと分かる。

ランドルをどうするか話し合った結果、

デール意外は始末するということで一致した。

 

ハーシェルはグレンに家族代々引き継がれているという時計を渡す。

グレンはハーシェルに認められたことを感謝する。

カールはバイクの中から銃を見つけ、沼へ一人で向かう。

 

しかしウォーカーに襲い掛かられそうになり、急いで逃げた。

 

リックはランドルを処刑しようとし、

銃を向けたが息子のカールが来てしまい躊躇する。

 

アンドレアはそのことをデールに報告しようと向かったが、

デールがウォーカーに襲われてしまう。

皮肉にもデールを襲ったウォーカーは昼間カールが見つけたウォーカーであった。

没キャラ
dale

第12話: 深い森の中で

デールを埋葬する一行はデールの意思を尊重し、

ランドルを殺さないことに同意する。

 

カールはシェーンにデールが襲われたのは自分のせいだと告白。

ローリはお腹の子はどちらの子か分からない、とシェーンに告白。

 

シェーンは皆の方針に納得がいかず、

ランドルを連れ出し殺害する。

 

その後木に頭をぶつけ、

いかにもランドルが襲ってきたかのように自作自演。

 

シェーンの報告を受け、

リック、シェーン、グレンがランドルを探しに出かけていくことになった。

 

そしてダリルとグレンはウォーカー化したランドルを見つける。

 

しかし、ランドルにウォーカーから噛まれた跡はなく、首が折られていた。

 

一方、森の奥深くへリックを導いたシェーンは、

リックを殺してローリと家族を築く、とリックに銃を向ける。

 

隙をみてナイフをシェーンに突き刺すリック。

シェーンが倒れたあと呆然としていると、

泣き顔のカールがやって来た。

 

カールが銃をリックに向けた瞬間、

ウォーカー化したシェーンがリックを襲おうとするが、

カールが撃ってリックを救うのであった。

 

没キャラ
Randall sean

第13話(最終): 壊れゆく人格

農場へ戻ったグレンとダリルはランドルが死んでいたことを話す。

 

そしてリックを探しに出かけようとすると、

大量のウォーカーが来てしまう。

 

カールはリックにシェーンの死の原因を聞くが、
答えることができないうちに大量のウォーカーに襲われてしまう。

急いで納屋に駆け込む2人。

しかし、ジミーが車をだし、救出される。

 

しかし車の窓が開いており、

ジミーがその犠牲者になってしまう。

 

犠牲者を出しながら、一同はウォーカーに追わればらばらになってしまう。

 

しかし、以前ソフィアが行方不明になった

ハイウェイの車が渋滞状態の場所へ

アンドレア以外が集まり、

またお互いの顔を見ることができた。

 

一方、一人はぐれてしまったアンドレアは

謎の人物に助けられるのであった。

 

新キャラ
mishon

没キャラ
jimmy patricia

まとめ

シーズン2はシーズン1とは全く違うスタイルになりました。

なんといっても脚本家が毎話ごとに違います。

 

そして監督も毎回のように変更しています。

いくつか担当した脚本家、監督もいますが基本的に連続では担当していません。

そこが先が見えなくて良い、ということなのでしょうか?

 

残念なことにタラボン監督は今シーズンでは脚本も監督もしていないですね。

 

シーズン2は好き嫌いが分かれるんじゃないかな、と私は思います。

私はどっちかというとちょっとイライラした派でした。

やはりシーズン1が6話しかないのに話の場所設定が3つくらい出てくるし、

話の展開も、新キャラ没キャラの数も圧倒的に多かったですからね。

 

シーズン2は全体的に平和な感じでした。

とはいえ、精神的におかしくなっていくシェーンの狂気、

そして、みんなのまとめ役で信頼を得ていたデールの損失。
これはとても大きかったと思います。

 

このままシェーンとリックの永遠の三角関係が続くのかと思って

ちょっとうんざりしていましたが、そちらは解消されました(笑)

 

基本的にドラマなので、ゾンビだけでなく

恋愛なんかも入ってくる人間ドラマなんですけど、

やはりもっとアクション系を期待してしまう私でした。

ウォーキングデッドのページはこちら

スポンサーリンク

おすすめ記事はこちら!


 - 海外ドラマ・映画