映画ウィンドリバーのキャストまとめ!実話のニュースも

こんにちは。

今回は7月27日公開の
「ウィンド・リバー」について紹介します。

ウィンド・リバーというのは、
アメリカに実際にある
地名のことです。

 

この映画はそのウィンド・リバー
先住民居留地で起きた
事件を描いた作品です。

 

「ウィンド・リバー」は
本当にこの土地で起きている
事件を元に製作されていて、

アメリカの闇を暴いた
作品でもあります。

 

今回はそんな「ウィンド・リバー」
について調べてみました。

「ウィンド・リバー」のあらすじ

ウィンド・リバー先住民居留地で
コリー・ランバートは
野生生物局の局員として
働いています。

 

ある日彼は山岳地帯で
少女の死体を発見します。

 

事件の捜査を担当することになった
FBIの捜査官はジェーン・バナー
という新人女性捜査官でした。

 

彼女はなれない雪の中で、
コリーの協力を得ながら
捜査に当たります。

 

死亡解剖の結果、
少女は死ぬ前に襲われていました。
しかし死因は殺人ではありませんでした。

 

その少女は
雪の中にいたことにより、
肺が破裂して
死んでしまったのでした。

 

殺人事件ではないことが分かったため、
この事をFBIに報告すると捜査は
できなくなってしまいます。

 

そのため彼女はFBIには報告せず、
コリーと共に、少女を襲った犯人を
探し始めたのでした。

「ウィンド・リバー」予告

7/27(金)公開 映画『ウインド・リバー』

 

音楽の効果もあって、
予告だけでドキドキします。

一体この土地に何が起こっているのか、
すごく気になりますけど、
知る事が恐怖につながるような気もします。

 

監督がテイラー・シェリダンだけあって
西部劇っぽくなっていますね。

銃撃戦もすごそうです。

 

そんな中、新人FBI捜査官のジェーンが
どう立ち向かっていくのか
とても気になります。

「ウィンド・リバー」のキャスト

■コリー・ランバート役

ジェレミー・レナー

出典:IMDb

最近のジェレミー・レナーはどうしても
ホークアイのイメージが強いですが、
インフィニティ・ウォーには
出演していませんんでしたね。

 

ここ最近では「メッセージ」など
他の映画にも出演しているので、
ホークアイのイメージから脱却しようと
しているのかもしれません。

 

でも今回の「ウィンド・リバー」
の相手役はこちらも
アベンジャーズシリーズに
出演している
エリザベスオルセンだったので、
どうしてもホークアイを
思い出してしまいました。

 

しかもこのコリー・ランバートはハンターなので、
職業的にもホークアイが浮かんでしました。

 

ジェレミー・レナーは
この「ウィンド・リバー」で
キャリア最高の名演技という
評価を得ていますから、
どんな演技か早く見てみたいです。

 

■ジェーン・バナー役

エリザベス・オルセン

出典:IMDb

エリザベス・オルセンは
今ではお姉ちゃん達よりも、
有名かもしれません。

彼女を有名にしたのは、
アベンジャーズシリーズでしょう。

スカーレット・ウィッチを演じた事で
世界的に有名になりました。

ちなみにお姉ちゃん達は双子で
「フルハウス」に出演していました。

今作の新人FBIの捜査官役は
スカーレット・ウィッチとは違う
どこか弱々しい役柄のようです。

 

■マット・レイバーン役

ジョン・バーンサル

出典:IMDb

彼はウォーキングデッドのシェーン役で
一気に有名になりました。

ウォーキングデッドを降板した後も
Netflixのマーベル作品
「パニッシャー」で主人公を演じてました。

 

ここまで紹介した3人ともがマーベル作品に
出演しているというのは、マーベルの勢力は
凄いですね。

ウォーキングデッドでは
シーズン2で殺された
ジョンでしたが、
なんとシーズン9に出演することが
決まっています。

どんな形で復帰するのか気になります。

 

■マーティン・ハンソン役

ギル・バーミンガム

出典:IMDb

彼をきちんと認識したのは
「トワイライト」シリーズかもしれません。

その後も映画だけでなく、
TVドラマにも出演しています。

「ハウス・オブ・カード」にも出演していました。

 

最近では「ウィンド・リバー」
の監督が脚本して
「最後の追跡」に出演して
渋い男を演じていました。

 

「ウィンド・リバー」は実話なの?

 

ウィンド・リバー先住民居留地は実際にある土地です。

そしてこの土地では映画の中のような事件が
たくさん起きている場所だったのです。

 

しかもこの映画は実際に起きた
1000件以上もの事件の
話をもとに作られています。

 

今までほぼタブー状態になっていた
おそろしい事実を

2012年にニューヨークタイムズが暴き、
当時の大統領、オバマ大統領が
この地区の警察官の人数
を増やしたぐらいでした。

問題になった記事はこちら(英語です)

 

そしてこのニュースを読んだ
脚本家のテイラー・シェリダンが
実際に地元を調査して
驚きの事実を発見したのです。

 

予告の中でも言ってますが、
当初この地区には
警察官は6人しかいませんでした。

 

この土地では先住民の女性が襲われ、
また先住民が殺される事件が多発していました。

 

そしてその事件のほとんどが未解決事件で
犯人が捕まっていなかったのです。

 

実際に先住民居留地で起こった事件
というのは、
アメリカの警察が関わることが
出来なくなっているのです。

 

それを利用した
殺人事件が大量に行われていて

実際にどれだけの数の
先住民女性が殺されたのか
もうすでに把握できない状態
でもあるのです。

 

ニューヨークタイムズの
ニュースでもあげられていましたが

この先住民居留地の高校で
40%の生徒が脱落しています

そして自殺率も他の地域と
比べて2倍になっています。

 

こんな状況にあるのは
こういった暴力的な犯罪が
あちこちに存在している背景も
あるのではないかと思われます。

実際に見た感想

法の抜け穴で起こる事件や先住民達に
対する不当の扱いなど、
多くのことを考えさせれれる映画でした。

登場人物がジェレミー・レナートエリザベス・オルセン
ということもあって「アベンジャーズ」
を思い出しちゃうんじゃないかと
思いましたが、全くそんなことありませんでした。

 

静かな雪景色の中で、
響く銃声の音から始まる冒頭で
一気に映画の世界に引き込まれ、
真夏の暑さを忘れてしまうくらいでした。

 

ストーリーは複雑ではなく分かりやすいので
その分この地域で起こる事件の悲惨さや
捜査のずさんさを感じました。

捜査したくても6人しかいない警察官。
住民は2万に以上いるのに。

 

現実の厳しさをFBIのオールセン演じる
ジェーンが知ったのと同じように、
そのもどかしさを感じました。

 

それを分かっていて何知らぬ顔で
生活する犯人との銃撃戦では、
「撃ってしまえ」と思うくらい
ジェーンや被害者達の気持ちに感情移入していました。

 

最後逃げた犯人を捕まえ被害者と
同じように罰したシーンは
スッキリしましたが、

それ以上に犯人である人物が言った
「この土地には何にもない。この土地は死んでいる」
と言った言葉が頭に残りました。

 

この地で生活する人達は本当に
きつい生活で、仕事もない状態の中
ギリギリで暮らしているのも
現実なんだなと思いました。

 

ニューヨークタイムズに書かれた記事で
この地の警察官の人数が増えたように、
この映画で少しでも環境が変わるといいなと思いました。

 

まとめ

テイラー・シェリダンの過去の作品
「ボーダーライン」
「最後の追跡」
で描き続けた、アメリカの闇の
最終作品がこの
「ウィンド・リバー」です。

ぜひ、この作品を見て、
先住民が置かれている状況を知ってください。

コメント