スポンサーリンク

SASUKE(サスケ)2017の結果!サードステージ制覇は?

SASUKE2017が今日放送されました!

最後まで見れなかったひとや、

見逃してしまった方もいると思うので、

その結果を紹介したいと思います。

また、気になった人やその職業なのども紹介していきますね!

 

SASUKE(サスケ)サードステージに挑戦した人のリスト

サスケ2017のサードステージまで残った人たちは以下です

🔵朝一眞 (型粋大工)

🔵長崎 峻侑 (トランポリンパフォーマー_

🔵ドリュー・ドレッシェル (ジムトレーナー)

🔵佐藤 惇 (パルクール指導員)

🔵森本 裕介 (ソフトウェアエンジニア)

 

でした。

 

SASUKE(サスケ)サードステージを制覇したのは?結果

残念ながら1人もいませんでした。

一番先まで進めたのはドリュー・ドレッシェルさん。

クリフハンガーバーの2つめまでいったものの、3つ目のバーに振り返ってジャンプしてつかもうとした瞬間に

てがたどり着かず脱落。

 

残りの選手は赤いバーのところで全て脱落してしまいました!

凄く難しいんですね〜!

真剣に皆さん頑張っていたのにほんとこちらまで残念なきもちになりました。

 

ということで、今回はファイナリストなしです!

今回の参加者で一番印象に残ったのは?

私が今回の参加者で一番印象に残ったのは

サードステージまで残った、大工さんの朝さんですね。

お父さんがとても優しそうな人で、朝さんを温かく見守っていました。

本人は本当に悔しそうで、最後は号泣していました。

それを観ていてこちらまで涙が出そうになったほど。

次回挑戦されるときは是非ファイナルまで行ってほしいです!

 

気になった職業・パルクール指導員

サードステージまで残った1人の中に、

パルクール指導者の方がいて、その紹介がものすごくかっこよかったんです。

衝撃 !スゴ技 世界一 神業 パルクール フリーランニング 集

なんだか忍者みたいでカッコよくないですか?

こんな凄いことを出来る人がサードステージで脱落しちゃうなんて

SASUKE(サスケ)って難しすぎです!!

 

このパルクールというスポーツ?はフランス発祥なのだそうです。

なんでも、移動動作を用いて、人が持つ本来の身体能力を引き出し追求する方法

ということで、スポーツとも芸術ともいえるものなのだそうです。

 

なんだかこのパルクール、流行りそうな予感がします。

 

サスケ2017の感想

色んな人が本当にサスケの為に一生懸命練習しているところが本当に凄いと思います。

サードステージに残るだけでも凄いのに、

あそこまで残った皆さんには特別な賞でもあげたい気分になりました。

サスケを作った人たちも本当に人間が達成出来るような

仕組みを作っているのだろうか?

と疑問にすら思っちゃいました。

だから余計にサスケを制覇したいと強く思う人が多いのかもしれませんが。

いやはや本当に凄いと思います。

あと、

最後はソフトウェアエンジニアの森本さんだったのですが、

自宅での練習と読書でエンジニアの方がこんなに出来るなんて

ある意味凄いな、と思いました。

さすけ(SASUKE)って不定期なのでなかなか目標がつかみにくいと思いますけど

本当に皆さん次こそ制覇して欲しいと思います。

コメント