【ハンドメイズテイル/侍女の物語】シーズン1第1話分かりやすい解説とネタバレ感想!怖くてグロい?

こんにちは!

ハンドメイズテイル/侍女の物語
は暗そうで怖そうだったのと
Huluアカウントを
しばらく持っていなかったので
なかなか見なかったのですが、

周りの友達や知り合いが
絶賛していたので見ることにしましたw

ということで、
ハンドメイズテイルのシーズン1
のあらすじと分かりやすい解説
そして見た感想を
ネタバレありで紹介していきます。

→ハンドメイズテイルを見るならこちら

→Mamiのハンドメイズテイルの部屋はこちら

 

ハンドメイズ・テイル シーズン1第1話のあらすじ

1人の女が銃を持った男たちから
逃走している

しかし女は捕まってしまい、
一緒にいた娘と夫から引き離される。

そして夫は銃で撃たれて殺されてしまう。

 

この女は自分を「オブフレッド」
と言う名前で呼ばれていると言う

女はメイドの服を着せられていた。

 

オブフレッドはオブグレンと呼ばれる
女と共に買い物へ出かける。

そして買い物の帰り道に
首吊りの系に処された男たちを発見する。

3人の男は

・1人は同性愛者
・1人は中絶専門の医者
・1人はカトリック信者

であった。

 

オブフレッドがまだ
連れてこられたばかりの頃

リディアによって女たちが
演説を聞かされていた。

 

リディアは

「お前たちは特別なのよ」

と言う

 

オブフレッドはその部屋の中に
自分の大学時代からの友達である
モイラを見つける。

 

同じ教室にいたジャニーンは
リディアに逆らった態度をとったため
連れ出されてしまう。

 

その夜ジャニーンが
共同寝室に運ばれてくるが
彼女は片方の目を奪われてしまっていた。

 

その後リディアは女たちと会議を開き
ジャニーンの罪を皆で攻めるように
差し向ける。

 

オブフレッドは嫌々皆と同じように
ジャニーンを責め立てるしかなかった。

 

オブフレッドはウォーターフォードに
彼の妻の代わりに妊娠することを
命じられる。

オブフレッドはウォーターフォードの
妻の膝の上に寝そべり
無表情のまま事を済ませた。

 

その翌日、
メイドが全員収集される。

リディアが1人の男を突き出し
この男は妊娠したメイドに手を染めた

とアナウンスする。

そしてこの男に罰を与えるため
メイドたちに攻撃するようにと合図する。

オブフレッドは
友達のモイラが死んでしまったという
話を聞き、動揺していたため
この男に真っ先に攻撃し始める。

 

この恐ろしい集会の後、
オブフレッドはオブグレンと
共に初めてプライベートな話をする。

そしてオブグレンは自分が
同性愛者で妻がいたこと、
5歳になる息子がいることを告白する。

 

オブフレッドが家にたどり着くと
オブグレンはオブフレッドの家には
見張りがいるから気をつけるようにと
忠告する。

オブフレッドは家に戻り
誰が見張りなのかと注意深く観察する。

 

オブフレッドは娘を見つけるまでは
なんとか生き延びなければと決意する。

そして自分の名前を明らかにする。

彼女の名前は「ジューン」だった。

ハンドメイズ・テイル1話で分かりにくい背景を解説

第1話を見ただけだと
いきなり沢山の女達がメイドに
されていて、

妊娠するのが使命

と言われてて

????

どんな世界???

と思うかもしれませんが、
ちょっと分かりやすく解説していきますね!

 

ハンドメイズテイルの話の舞台背景

舞台としては

・アメリカ
・近未来

で、内戦が起きてキリスト教原理主義
が支配する「ギレアド共和国」
になってしまうという設定です。

このキリスト原理主義
っていうのが面倒くさい宗教で

・反同性愛
・反中絶
・反進化論(神様が人間を作った)
・性教育反対

とまぁ〜〜〜
実は私が今住んでいる地域の人が
沢山信仰している宗教です 苦笑

 

まみんぼ
実は以前お付き合いした彼がこのキリスト教の信者で、キリスト教っておそろしぃ〜と初めて実感しましたw

だって、中絶は信じないって言うんですよ?

じゃあ、犯罪で出来た子供はどうなるんだ?
って聞いても「中絶はダメ」という
答えしか返ってこなくて、全く話が通じない。

 

しかも神様が人間を作ったとこの時代に
信じている人がこんなにもいるのか!

となんだかがっくりしたのと同時に

この最先端を行くアメリカで
こんな時代感覚がおかしくなった思考を
普通に持った人間が大量にいるのを
目のあたりにしてビックリしましたね、ほんと。

 

ということで、これは作り話
どころじゃなくて、
本当にいるんです

こういう思考の人達が
ウジャウジャとアメリカに。

 

マジで深刻な問題だと思います。

 

ちなみにトランプ大統領を
支持している大半の人達が
この宗派の人達だったりするんですよね 汗

 

さて、宗教の説明はここまでにして、
この近未来なんですが、

・性病
・不妊

が深刻な問題となっています。

つまり沢山の女性が
子供が産めない体になってしまっているんです。

 

宗教=お金持ち

が結局は支配している世界なので

宗教に基づいてとかなんちゃらかんちゃら
理由に妊娠出来る女性を
次々に誘拐して、奴隷にするわけです。

 

そして自分たちの子孫を
無理やり残そうとする・・・

 

もう無茶苦茶な世界ですね。

でもこれ、南部の宗教(キリスト原理主義)
の人達が世の中を制するようになると
マジで本当に起こりそうで怖いです。

 

ということで、
初めの方で3人の男が
処刑された姿で登場しましたが、

 

この宗教が

・同性愛者
・中絶
・キリスト原理主義(バプティスト)じゃないキリスト教信者

を許さないんですね。

 

やってることはヒトラーみたいですよね。

[ハンドメイズテイル/侍女の物語]シーズン1第1話ネタバレ感想

私はこの話、あまり詳しくあらすじを
調べないまま見ちゃったので
始めはあれ???

と思いましたが、見るうちに
うわ。。これまさにこの地域の人達への
メッセージが詰まってるわ

とびっくりしました。

 

というか、こういう話でエミー賞が取れたって
私は凄く嬉しい。

話は性奴隷にされたメイドみたいな
設定ではあるけど

この作者は明らかに
今でもアメリカで当たり前のように
はびこっているアメリカ南部の
バプティストへの疑問をぶつけています。

あの宗教が極端に世界を制するようになったら
こんな世界になりそうでマジ怖いです。

 

日本でも男尊女卑みたいなのが
まだ沢山残っているけど

実はアメリカでも宗教によって
かなり考え方が違う。

 

同性愛者にすごくオープンなイメージが
あるアメリカだけど、

実は大きな範囲の南部の地域では
かなり反対者が多いのも事実。

 

以前チックフレーというキリスト教が
運営するファーストフードの社長が
同性愛者に対して反対する声明を
出していてブーイングになっていました

(その後、認めることになりましたがw)

 

金持ちでない女性は
奴隷のように扱われてしまう

なんか本当に悲しい世界ですよね。

 

怖くてグロいというイメージが
あったこのドラマですが、
見始めるととんでもない勘違い
であることが分かりました

心理的に怖いは怖いけどw

 

主人公のジューンがそれに立ち向かって
なにか解決してくれるのかな?

とちょっと期待しています♪

 

コメント